いしだあゆみの最新情報

いしだあゆみ に関するニュース検索結果   33件

「桐谷美玲の内臓はどこ?」「戸田恵梨香は覇気がない」痩せすぎだと思う女性タレントランキング

「桐谷美玲の内臓はどこ?」「戸田恵梨香は覇気がない」痩せすぎだと思う女性タレントランキング

スリムなプロポーションは女子の永遠のあこがれ。特に露出が増えるこの季節は、スタイル抜群の芸能人に羨望のまなざしを向ける人も少なくないだろう。しかし、中には、思わず心配してしまうほど痩せすぎな女性タレントも。そこで今回は、.. 続きを読む

野宮真貴、“秋冬の渋谷系ソング”を集めたアルバムを10月にリリース 週末イベントではボーナス・トラックを披露

野宮真貴、“秋冬の渋谷系ソング”を集めたアルバムを10月にリリース 週末イベントではボーナス・トラックを披露

野宮真貴が、秋冬のホリデイ・シーズンにピッタリな作品を集めた『野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。』を10月18日にリリースする。今年5月には“夏の渋谷系ソング”をカヴァーしたアルバム『野宮真貴、ヴァカンス渋谷系を歌う。』をリリー.. 続きを読む

和田アキ子「大泣きした」“紅白”落選に、まだ恨み節

和田アキ子「大泣きした」“紅白”落選に、まだ恨み節

6月18日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、歌手の和田アキ子(67)が出演。歌手で女優の中尾ミエ(71)、いしだあゆみ(69)らと『NHK紅白歌合戦』などについて語り合った。この日は以前より親交のある三人が、リラックスした雰.. 続きを読む

なぜ今更!?和田アキ子の「紅白落選で大泣きした」告白に批判が再燃

なぜ今更!?和田アキ子の「紅白落選で大泣きした」告白に批判が再燃

6月18日放送の鼎談番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に、中尾ミエ、いしだあゆみ、和田アキ子が登場。古くから親交がある3人で思い出話に花を咲かせた。デビュー当時、先輩歌手からいじめにあっていたという和田。それをかばい、なだ.. 続きを読む

和田アキ子、自身の披露宴で「おい! ご祝儀使い込んだの誰だ」

和田アキ子、自身の披露宴で「おい! ご祝儀使い込んだの誰だ」

ゲストの3人が、自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。6月18日は、時代を彩ったシンガー3人として和田アキ子、中尾ミエ、いしだあゆみが登場した。番組の冒頭、アゴをケガしているいしだに対して、和田が心配顔。いし.. 続きを読む

            アイドルコンピ盤『コロムビア・ガールズ伝説』シリーズ3タイトルが同時発売

アイドルコンピ盤『コロムビア・ガールズ伝説』シリーズ3タイトルが同時発売

日本最古のレコード会社・日本コロムビアに在籍した女性ポップスシンガーたちを、1960年代まで遡って総括した初のコンピレーションアルバム『コロムビア・ガールズ伝説』シリーズ3タイトルが、5月24日にリリースされることが決定。全38曲.. 続きを読む

            TOKYO RECORDSよりカヴァーアルバム『和音 Produced by MURO』のリリースが決定!

TOKYO RECORDSよりカヴァーアルバム『和音 Produced by MURO』のリリースが決定!

2016年よりレーベルとして歌謡曲のリバイバル作品を中心にリリースを開始したTOKYO RECORDSから、新たなタイトル『和音 Produced by MURO』がリリースとなった。日本が世界に誇る「King of Diggin’」ことMUROが2016年にリリースした『和.. 続きを読む

            伊藤美裕、初のバンド編成ワンマンにてオリジナル曲を全曲披露

伊藤美裕、初のバンド編成ワンマンにてオリジナル曲を全曲披露

伊藤美裕が5月13日(土)に東京・恵比寿天窓.switchにて『伊藤美裕 ワンマンライブ』を開催した。伊藤美裕は、“歌謡曲の歌姫"のキャッチコピーで、コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティストとして2011年4月にデビューし、同年末のレ.. 続きを読む

東京オリンピックは朝ドラでどう描かれてきたのか「オリンピックのどこがすばらしいと思うんや?」

東京オリンピックは朝ドラでどう描かれてきたのか「オリンピックのどこがすばらしいと思うんや?」

NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」(岡田惠和脚本)は、1964年の東京オリンピック開催直前の茨城の片田舎を舞台に始まった。先週放送分では、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)が高校の同級生たちと、オリンピックの聖火が茨城県内を通る.. 続きを読む

野田義治氏 堀江しのぶとの破天荒な二人三脚

野田義治氏 堀江しのぶとの破天荒な二人三脚

「胸が大きい女は売れない」という芸能界の常識を覆し、巨乳を武器に雑誌グラビアから女優やタレントを育て上げるビジネスモデルを開発した元イエローキャブ社長・野田義治氏(70)。彼はいかにして芸能界に革命を起こしたのか──。「うち.. 続きを読む

“東京”にちなんだ曲だけのコンピAL『東京レコード散歩』第1弾がレコード会社3社同時発売

“東京”にちなんだ曲だけのコンピAL『東京レコード散歩』第1弾がレコード会社3社同時発売

2020年の東京オリンピックに向け、大きく変貌を遂げつつある東京に特化した視点で、タイトルや歌詞に東京が出てくる曲のみで構成したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』が企画され、レコード会社3社から11月30日に同時リリ.. 続きを読む

            TOKYO RECORDS、リリース第一弾としてリバイバル作『和音』2タイトル同時発売!

TOKYO RECORDS、リリース第一弾としてリバイバル作『和音』2タイトル同時発売!

先日レーベル立ち上げが発表されたTOKYO RECORDSから、リリース第一弾として旧譜のリバイバル作品『和音』の2タイトルが11月16日(水)に発売される。同作はKING OF DIGGIN’・MUROとレコード番長の須永辰緒による和モノMIX CDとなってお.. 続きを読む

            東京散歩の雰囲気が体験できる! コンピ『東京レコード散歩』第一弾がレコード会社3社からリリース

東京散歩の雰囲気が体験できる! コンピ『東京レコード散歩』第一弾がレコード会社3社からリリース

東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーションアルバム『東京レコード散歩』。その第一弾が11月30日にレコード会社3社より同時リリースされる。歌謡曲に欠かすことのできないひとつのジャンルが“ご当地ソング”。日本全国津々浦々に、.. 続きを読む

SMAPのあの名曲は◯◯がもとだった!? ヒット曲の意外な真相ベスト10!秘話満載のカラオケ必携品

SMAPのあの名曲は◯◯がもとだった!? ヒット曲の意外な真相ベスト10!秘話満載のカラオケ必携品

昭和のヒットナンバーの歌詞に隠されたメッセージや意外なエピソードを一冊の本にまとめた『本当の意味を知ればカラオケがもっと楽しめる! 昭和ヒット曲全147曲の真実』(KADOKAWA)。今も多くの人々が、何気なく口ずさみ、カラオケで熱.. 続きを読む

百恵、明菜、太田裕美…「昭和の美人歌姫」の現在とは

百恵、明菜、太田裕美…「昭和の美人歌姫」の現在とは

歌は世につれ、世は歌につれ。激動の「昭和」は常に、時代と添い寝した歌姫たちの存在があった。あの名曲を歌っていた美女は今、どうしているのか? 伝説の歌姫から、忘れられないお色気歌手、実力派アイドルまで、その近況を追跡しよう.. 続きを読む

第9回「フジテレビ物語(前編)」

第9回「フジテレビ物語(前編)」

始めに断っておくけど、今回、新しい話は出てこない。激変するテレビ業界とか、ネット配信事業とか、SNSとの連動とか――そんな今っぽい話題は一切登場しない。今回の話は、昨今、何かと話題のフジテレビである。そう、ここ数年、とんと良.. 続きを読む

桑田佳祐『ヨシ子さん』2位に歓喜 アナログ盤初披露 あの名曲とかぶせて流すハプニングも!

桑田佳祐『ヨシ子さん』2位に歓喜 アナログ盤初披露 あの名曲とかぶせて流すハプニングも!

桑田佳祐が自身のラジオ番組で、6月29日にリリースしたシングル『ヨシ子さん』がオリコンチャートで初登場で2位となったことについて「スタッフの、ファンの皆さまのおかげであります」と感謝、さらに7月27日発売の同曲アナログ盤をオン.. 続きを読む

Kiroro、世界で一番歌われている日本の歌『未来へ』を熱唱 「泣ける」人続出

Kiroro、世界で一番歌われている日本の歌『未来へ』を熱唱 「泣ける」人続出

玉城千春と金城綾乃による音楽グループ・Kiroroが『テレ東音楽祭 2016』に出演してヒット曲『未来へ』を披露した。テレビ東京が海外で取材するなか圧倒的に多くの人々から歌われていた日本語の歌だという。ツイッターでは「何度聴いても.. 続きを読む

和製ならではの繊細さや湿度を感じさせるボサノヴァ作品集(Album Review)

和製ならではの繊細さや湿度を感じさせるボサノヴァ作品集(Album Review)

リオデジャネイロ五輪の影響があるのかどうかはともかく、ボサノヴァ系の再発やコンピレーション・アルバムが続々とリリースされている。定番アイテムももちろんいいのだが、ちょっと食傷気味というのなら、こんなアルバムはどうだろうか.. 続きを読む

なぜ『北の国から』は20年間も続いたのか?空前絶後のドラマ、すべてが尋常ではない

なぜ『北の国から』は20年間も続いたのか?空前絶後のドラマ、すべてが尋常ではない

連続テレビドラマ『北の国から』(フジテレビ系)で知られる脚本家・倉本聰の自伝エッセイ『見る前に跳んだ 私の履歴書』(日本経済新聞出版社)が出版された。81歳の現在も旺盛な創作活動を続けている倉本は、草創期からテレビに関わり.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。