最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

1千万円のダイヤも使用!壇蜜、今井華らの個性溢れるメイクをレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

1月20日、壇蜜さんや今井華さんらが受賞した『アイ・オブ・ザ・イヤー 2014』の授賞式では、アイゾーン(アイラッシュ、アイブロウ、アイメイク&ケア)とファッションを連動した『ザ・コレクションアイズ 2014 ショー』も行われました。

前回の記事はコチラ→ ハプニング撮った!授賞式の途中、壇蜜の肩ひもが…!

「アイラッシュ」「アイブロウ」「アイメイク&ケア」という3本柱から構成された「アイコーディネーター」という新しい概念で、アイゾーンビューティのトータルコーディネートを提唱している株式会社ThreeBeautyが、“アイゾーンは最強のファッション”をコンセプトにリリースしたのが、新ブランド『ザ・コレクションアイズ』。

このショーで登場したモデルに施したメイクが、かなり独創的! そこで、受賞者4人(壇蜜さん、今井華さん、滝沢カレンさん、浦浜アリサさん)と、ショーに登場した4人、計8人のアイメイクを一人ずつクローズアップしてご紹介します!

テーマ:レオパード

セクシーのアイコン“メヒョウ”からインスパイア! 目尻にはとても長いアイラッシュをのせ、レオパード柄をあしらったアイメイクはかなり個性的。真っ赤なリップで強い印象を与えます。

テーマ:カラー

リゾートをイメージしたカラフルなメイク。目もとには、オレンジやグリーン、イエローなど7色を使っているのにバランスが取れているのは、目もとにのせたオレンジと同じ色をリップに使っているから。

テーマ:パール

ふわふわの羽をあしらったドレスとリンクした、真っ白のアイラッシュを目尻だけに。アイホールには、肌なじみのいいゴールドのアイカラーを使っています。下まぶた際には、パールをオン!

テーマ:ダイヤ

なんと、このメイクには総額“1千万円”のダイヤを使用! 二重幅を濃い色で締め、アイホールにダイヤをびっしり。あえて左右非対称に施したのも、このメイクのポイント。アイラッシュは、ダイヤに負けないよう目尻にしっかりボリュームの出るタイプで。

今井華さん

グレイッシュなアイカラーを二重幅にしっかりのせ、アイホール全体にパール入りのカラーをオン。まつ毛もボリュームタイプで、強い印象の目もとに仕上がっています。
■普段のアイメイクは……「普段はギャルメイクなので、しっかりかつ優しくメイクオフすることに気をつけてます。最近の注目は、“海外セレブ風”のアイメイク!」(今井華さん)

滝沢カレンさん

上まぶたの目頭~中央にはピンクを、中央~目尻にはブルーをのせてカラフルでキュートなアイメイク。ブルーのシャドウは目尻を少し長めに入れてアイラインのように仕上げています。目頭にはホワイトのパールカラーをのせて、明るさをプラス!
■普段のアイメイクは……「涙袋に薄めのシャドウをのせて、立体感を出しています」(滝沢カレンさん)

浦浜アリサさん

ポイントはなんといっても、目尻が長くボリュームあるアイラッシュ。あまり色の濃いアイシャドウは使わず、このアイラッシュでエレガントな目もとを作っています。
■普段のアイメイクは……「マスカラが多めのときは、ラインを薄くしたりと、アイメイクは“引き算”で。クールに見られがちなので、ブラウンなどの色でやさしい印象になるよう心掛けています」(浦浜アリサさん)

壇蜜さん

ブラウンのアイカラーをベースに、大きめのパールを散りばめて、目の動きによって輝くような奥行きを感じられるアイメイク。アイラインもブラックで、しっかりラインをとっています。
■普段のアイメイクは……「右端のまつ毛が少なかったり、奥二重だったりするので、撮影などでは左右をそろえるように努力してます。まつ毛は、ファイバー入りとキープ力のあるマスカラをシーンに合わせて使っています」(壇蜜さん)

目は口ほどにものを言うパーツ。“アイゾーンは最強のファッション”というコンセプト通り、シーンやファッションに合わせて、目もとのメイクも足し引き。洋服を着替えるように、シーンやファッションに合わせてメイクもチェンジしてみませんか?(さとうのりこ)

【あわせて読みたい】

※2014年春コスメのトレンド、流行間違いなしのオススメはコレ

※簡単!メイクに“差し色”で新鮮美人に!初心者でも失敗しない5つのコツ

※白髪、薄毛に悩まされない「美しい黒髪」を作る4つの秘密

※アラサー女子の「イケる」or「卒業」の分かれ目は“ミニスカート”と“徹夜”

外部リンク(Woman Insight)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス