最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

広末の不貞相手役・小関裕太に「てれびくん」時代のファンが「立派になって」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 公開中の映画「覆面系ノイズ」に出演中の小関裕太。少女漫画原作のこの作品の中で小関は、中条あやみ演じるヒロイン「ニノ」をめぐり志尊淳演じる「ユズ」と三角関係になる「モモ」を演じている。

小関は子役のころから「天才てれびくんMAX」(NHK)などに出演していたが、注目を浴び始めたのはミュージカル「テニスの王子様」からだろう。最近では、綾瀬はるか主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」にも出演しており、広末涼子の不貞相手役を演じている。小関は年下の癒し系可愛い男子と思わせつつ、実は主婦の性売買グループの一人という悪役だ。王子キャラや可愛いキャラが多く、このドラマでもその路線で、年上の女性視聴者をキュンとさせていたが、裏の顔があって広末演じる主婦を押し倒す…という展開。真顔になった時の目が怖く、「こんな表情もできるんだ」と新たな一面を見ることができた。

「天才てれびくん」「テニスの王子様」時代から見守っていた女性は、「立派になったわねえ」と感慨深げ。いまやお母様世代から「誰にも渡したくない息子」とも評されている。

先日行われた小関の2018年の「カレンダーお渡し会」には、中高生から母親世代まで幅広いファンが並んだ。小関はその1人1人に丁寧な対応をし、ファンを喜ばせている。

1月27日公開の映画「ちょっとまて野球部!」や、3月21日公開予定の「曇天に笑う」と、来年も出演作が目白押しの小関。2018年は本格ブレイクの年になりそうだ。

(琴葉)

外部リンク(アサジョ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス