最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ISIS×フィリピン国軍による銃撃戦後の生々しい傷跡<現地レポート>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


“ISIS” とスプレー書きされたシャッターは無数の銃弾にえぐられていた。警戒に当たる兵士以外は人の気配がまったくない。――11月21日、フィリピンのTV局取材班に協力を得た私は、彼らと行動を共にしていた。軍と報道のコンボイが車列をなし、今回の戦闘でメインバトルエリアとなった市街地を走る。

私は、車窓から瓦礫と化した町を眺めていた。弾痕だらけで黒く煤けた壁、無様にひっくり返りひしゃげた金属の塊となった車、ボロボロの柱だけが残った建物の残骸。多数の建物の上階部分が吹き飛んでいるのは空爆のためだろうか。

当初ドゥテルテ大統領が攻撃を控えていたモスクでさえ、おそらく数千、いや数万発の弾丸により壁という壁がえぐられていた。屋根には砲弾による穴が開いている。

5か月に渡る戦闘が、そこに錆と苔と雑草の荒廃した世界を作り上げていたのだった。

これがフィリピン国軍とISIS MAUTE(アイスィス マウテ ※彼らがそのように自称していたので、本記事ではISIS MAUTEと表記する)の激しい戦闘が繰り広げられたマラウィ市、メインバトルエリアの姿だ。メインバトルエリアとは、おおよそ1km四方の市街地で、その南側はラナオ湖に面している。

10月23日に国防長官により戦闘終了が宣言された。安全が確認されている地域では避難住民の帰還が始まっている。しかし、メインバトルエリアに住民が戻るのはずっと先になりそうだ。エリア内には未だISIS MAUTEが残したIED(即席爆発装置)や地雷が残されていると言われており、まずは解除・撤去をしなければならない。また地下にはISIS MAUTEがトンネルを構築しているのが確認されている。その探査、安全の確認もしなければ住人は帰還できない。国防長官はマラウィ市の復興には約500億ペソ(約1100億円)が必要と見積もっている。

◆ISIS MAUTEとは何者なのか?

果たして、ISIS MAUTE とは一体何者なのか。何が目的でマラウィを武装占拠したのか。今回の事件でISIS MAUTEは殲滅したのだろうか。

フィリピンISISのリーダー、イスニロン・ハピロン。ミンダナオ島を拠点のひとつとする武装組織 Abu Sayyaf Group(アブサヤフグループ)のリーダーからISILのリーダー、アブー・バクル・アル=バグダーディーに忠誠を誓いフィリピンISISのリーダーになった男だ。この男の家がマラウィ市内にある。驚くことに、家は陸軍基地のすぐ近くだ。青と白の外観が目をひく建物。4階建てとなっており、周囲の家と比べても明らかに豪華だ。

今は遠目でも銃弾やロケットにより損壊しているのがわかる。正面の門には無数の弾痕。門をくぐって中に進むと駐車スペースのある中庭にでる。

その駐車スペースの壁の隅に直径60cmほどの大きな穴が開いていた。銃撃戦が始まると、ハピロンは妻をここから逃がそうとしたが、待ち構えていた軍によって妻は射殺されたという。

庭には今も無数の空薬莢が落ちている。中庭の壁をよく見ると、何発もの錆びた弾頭がめり込んだまま残されていた。壁の一部はRPG弾により崩壊し残骸が散乱している。ふと見上げると、まだ当時の洗濯物が干されたままだった。この家に、数か月前から武器弾薬、医療品、保存食などが蓄えられ、来るべき日のために準備がされていた。銃撃が始まったのは5月23日。彼らの設定した日付ではなかったかもしれないが、遅かれ早かれ始まる事だったようだ。

ISIS MAUTEの“MAUTE”とは、マウテ兄弟によって2012年に組織されたイスラム武装組織である。2015年にアブサヤフと同じくISILに忠誠を誓っていた。彼らISIS MAUTEが目標としていたのは、マラウィにイスラム教の預言者ムハンマドの後継者「カリフ」が統治するカリフ制国家を樹立する事だったと考えられている。だが今回、彼らの目的は達成しなかった。代償として900人以上の戦闘員を失った。ただ、皮肉にもメインバトルエリアはISIS MAUTEの手によって……ではなく、国軍の空爆によって壊滅したのだった。

◆マラウィに暮らす人々の現在

11月6日に残党9人が射殺されて以降、マラウィで戦闘は起きていない。完全鎮圧したといってもいいだろう。私は、避難所から大量の荷物を車に積み込んで帰還した家族を取材した。

荒れ果て、物が散乱した我が家にどこから手をつけたらいいのかと呆然とするおばさん、埃を被った粗大ごみの整理に精を出す人、さっそく商売を再開する人、悲惨な状況の中でも、我が家に戻る事ができた人々の表情には嬉しさがにじみ出ていた。

一方で、戻ってみたものの火災や爆撃などで我が家を失ってしまった家族の中には、避難所へと戻ることを余儀なくされた家族も多数いる。また戦闘期間中に「複数の友人がISIS MAUTEのリクルートに応じてしまった」という男性は、戦闘終了後全員が死んだことを知り肩を落としていた。市内に土地や建物を所有する男性は「再建には5年はかかる。政府の援助だけでは不十分だと思う。外国政府の支援もあれば多くの人が助かるだろう」と話した。

逮捕状の出ている過激派容疑者300人の内200人は逃走したままだ。少数は海外へ、大多数は国内に潜伏しているとみられている。

じつは取材中、反政府勢力に近い人物が我々の取材をコーディネイトしていた。地元でビジネスを手がける顔の広い彼のおかげで、地元住民への取材がスムーズにできたのだ。軍隊にこの代わりはできない。この地には数百年にわたる独立闘争に裏付けされた、反キリスト、反政府、親ISISあるいは親地元武装組織の土壌が根付いている。

900人もの戦闘員を失ったISISだが、すでに新たな動きが確認されている。11月下旬の時点で、ラナオ湖を挟んだコタバトやブディンといった地域で200人を新たにスカウトしたという情報が当局筋に入っている。現在は訓練を受けつつ、新リーダーの誕生を待っている状況だという。要するに、フィリピンのISISは死んでいない。

では今後どうなるのか。それはマラウィの戦いが起きた時の彼らの言葉が物語っているのではないか。

「これは、始まりにすぎない」

<取材・文・撮影/八木貴史>


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス