最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

日米の“ひとりH事情”が違いすぎてビックリ!その理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TENGAが日本とアメリカでひとりHに関する意識調査を行ったところ、かなり興味深いことが判明したというので、同社の女性向けセルフプレジャーアイテムブランド「iroha」の広報・工藤まおりさんに話を聞きました。

◆アメリカでは女性の42%がアダルトグッズを所有

「自社で調査したデータによると、アメリカ人女性の約42%がセルフプレジャーアイテム(バイブ、ローター、ディルドなど)を持っているんです(調査対象:アメリカ人口の標本サンプル 1,200名)。

一方、日本人女性の所持率は約19%(2017年11月/TENGAによる調査)。近年少しずつ伸びてきているのは実感するんですが、まだ使ったことがない人が大半だと思います」(工藤さん、以下同じ)

なんと日本の2倍以上!

「日本でいわゆるアダルトグッズが売っている場所として連想するのは、ちょっと入りづらい男性向けショップだと思いますが、欧米ではランジェリーショップから派生したお店が多く、店のつくりから取り扱い商品まで女性客を意識していて、店員も女性が多いんです。

また、アメリカでよく行われる、新婦が独身最後の夜を同性の友人と過ごすパーティー(バチェロレッテ・パーティー)でも、そういったお店の人を呼んで女子会を行ったりと、セルフプレジャーアイテムは日本よりも格段に身近なんですよ」

セルフプレジャーアイテムに対する意識の違いは、その好みにも反映されています。

「セルフプレジャーアイテム慣れしているアメリカでは大きくて硬いものが人気です。でも、日本はその真逆。セルフプレジャーアイテムの使用そのものにまだ抵抗がある女性も多いので、カラダに馴染みのよい、柔らかくてそこまで大きくない製品が好まれる傾向にあります」

それは、その国の男性のサイズと比例しているのでは……なんて邪推したくなりますが、“慣れ”による差が大きいようです。

「欧米では、高品質でデザイン性も高く、1万円以上の製品でもよく購入されているそうですが、日本ではグッズ未経験女性が大半なので、使ったことのないセルフプレジャーアイテムに1万円以上を投資することに抵抗を感じる方が多いです。

irohaは、まだセルフプレジャーアイテムを使用したことがない女性にも楽しむきかっけになってほしいという思いを込めて、手に取りやすい価格帯の製品を開発しています」

◆アメリカ人男性にとってひとりHはタブー!?

日本に比べて性を自由に楽しんでいるように見えるアメリカ。でも、男性のひとりHに関しては、ちょっと複雑な事情があるようです。

「日本の場合、男性の自慰は一般的で、女性の方がタブー視されています。でも、アメリカでは女性のセルフプレジャーが市民権を得ている一方で、宗教的・文化的背景から、男性の自慰がまだ少しタブー視されていたり、『モテない男性がする恥ずかしいこと』というイメージが根強いようです」

日本に比べて性にオープンなイメージのあるアメリカで、男性のひとりHがタブー視されているとは、なんとも意外ですよね。逆に女性はここ10年ほどでさらにひとりHに対しオープンになっていて、それには「Sex in the City」「50 Shades of Grey」シリーズなどのドラマや映画の影響も大きいそう。

「アメリカの女性のあいだでは、セルフプレジャーは『自分の性を楽しむ自分のためのもの』というポジティブなものとして捉えられているんです。日本の女性のあいだでも、もっとポジティブに、身近なものとして捉えてもらえたらいいですね」

セルフプレジャーアイテムは、夫婦の約半数がセックスレス(※)と言われる日本の女性にこそ必要なものな気が。ひとりHを楽しむ妻を見たら、夫の性欲が再燃、なんてこともあったりして。

※一般社団法人日本家族計画協会の「男女の生活と意識に関する調査」(2017年)より

<TEXT/ツジコエリコ>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス