最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大ヒット映画「君の名は。」2018年新春にテレ朝で地上波初放送!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歴史的な大ヒットを記録した、新海誠監督の長編アニメーション映画「君の名は。」が、2018年1月3日(水)夜9時から、テレビ朝日が地上波で初放送する。

「君の名は。」は、2016年8月26日に公開され、国内興行収入250億円を突破。同年の興行収入1位、日本映画史上歴代2位という大記録を打ち立て、映画音楽を担当したRADWIMPSの楽曲「前前前世」も大ヒット、ハリウッドで実写映画化も決定するなど、全世界で大旋風を巻き起こした。

地上波初放送に当たり、新海監督は「自分が子どもの頃はテレビで見る映画はとても楽しみでしたし、そこでしか知ることができなかったものもたくさんありました。今度は自分が違う世代の方たちに届けることができるようになって、ようやく大人になれたような、幸せな気持ちを感じます」と、感慨深くコメント。

また、「未知の視聴者との出逢いが楽しみです」と語り、「同じ時間に何十万人、何百万人の人が見るという“リアルタイム感”を楽しんでいただければ…」と呼び掛けている。

なお、現在新海監督の15年の軌跡をたどる「新海誠展」が、東京・六本木の国立新美術館で開催されている。12月18日(金)までなので、この機会に新海監督作品に触れてみては?

■ 「君の名は。」あらすじ

1000年ぶりとなる彗星の来訪を1カ月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(声・上白石萌音)は、町長である父の選挙運動や、自らの家系である神社の古き風習など、すべてが嫌でたまらず、都会への強い憧れを抱いていた。

そんなある日、三葉は自分が東京の男子高校生になる夢を見て、念願の都会生活を満喫。しかもその夢は度々、繰り返される。

一方、東京で暮らす男子高校生・瀧(声・神木隆之介)も、山奥の町に住む女子高校生になる、という奇妙な夢を見ることが多くなる。

夢の中で自分たちの体が入れ替わっていることに気付いた2人は、力を合わせてその状況を乗り切ろうとする。お互いの気持ちが打ち解けてきた矢先、入れ替わりが突如、途切れてしまう。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/130281/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス