最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「店員がいない…」 酔った勢いのまま店のキッチンで調理した男性客(米)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お酒を嗜む人が飲みすぎてついやってしまった失敗談の一つや二つはあるのではないだろうか。このたびアメリカで、酔った勢いのまま立ち寄った店のキッチンに立ち入り料理を楽しんでいる男性のセルフィーがネット上で笑いを巻き起こしている。『ABC News』『New York Post』などが伝えた。

米サウスカロライナ州ウェストコロンビアに住むアレックス・ボーエンさん(Alex Bowen、36)は先月30日午前3時頃、友人らとお酒を楽しんだ後にお腹が空いたため地元のファストフード店「ワッフルハウス」に立ち寄った。

アレックスさんは注文しようとカウンターレジの前に立ったが、10分ほど待っても店員が出てくる気配が無かった。店の外に出て店員を探してみたが見当たらず、またカウンターレジまで戻って来た。

酔っていたことと空腹だったという条件が揃ってしまった故、アレックスさんは大胆にもカウンターレジの向こう側にあるキッチンに侵入してしまったのだ。そしてグリルに熱を通してワッフルハウスの定番メニューである「テキサス・ベーコンチーズステーキサンド」を調理し始めた。

調理中のアレックスさんは、ぐっすり眠っている店員に気付いたという。当時のことを「その店員は、私に気付いて目を覚ますことがありませんでした。そして誰もレストランには来なかったのです」と話している。

アレックスさんは元・米陸軍の医療軍曹というキャリアからか、酔っていても調理後は後片付けをきちんと行っていた。また店を出た後、食事代を支払っていないことに気付き、後ほど戻って来て支払いまで済ませている。

しかし普通に考えるとここまでやってしまった彼の行動は明らかに法に触れるだろうが、それでも彼は調理中にご機嫌な顔でセルフィーを撮り、自身のFacebookに「眠ることが出来なくてワッフルハウスに行ったけど、店員が眠ってたよ」と投稿している。

あまりにも陽気なアレックスさんの投稿には、多くの人から「これは面白い」「この話、私のお気に入りだわ」「これは、これでいい思い出になったんじゃないかな」などと笑いを誘ったことがうかがえるコメントが見受けられた。

そんなアレックスさんのことがSNSで噂になった頃、なんとワッフルハウスの地区マネージャーから「シークレット・ショッパー(客になりすまし店員や店の様子を調査する人)」を依頼する連絡があったというのだ。それだけではなく、地区マネージャーはアレックスさんに店の問題点を暴き出してくれたことに対して感謝の言葉まで述べた。

後に『ABC News』のインタビューに応じたワッフルハウスは、このように話している。

「安全上の理由からカウンターの奥にお客様が立ち入ることは出来ませんが、フレンドリーで質のいいサービスが売りのワッフルハウスで是非食事をして頂きたいと思っています。また私達は今回のことを見直して、スタッフには適切な処分をとるつもりです。アレックスさんの料理の腕は確かなようなので、是非うちで働いてもらいたいと思っています。」

今回のアレックスさんの珍事は、彼自身の就職活動に役に立ったと言えるかもしれない。そして当のアレックスさんは「次回ワッフルハウスを訪れる時は、コックが起きているといいんだけど…。でも万が一の時は何をすべきか、ちゃんとわかってるよ」とイタズラめいた発言をしている。

画像は『Alex Bowen 2017年11月30日付Facebook「Couldn’t sleep so I went to waffle house....guess what...everyone on shift was asleep」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス