最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

井岡一翔、「女ボケ」で世界戦ドタキャンにTBSとテレ東が大混乱…引退も濃厚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TBSが頭を抱えているという。大みそかの『NHK紅白歌合戦』の裏で放送する『KYOKUGEN』が最大の危機を迎えているからだ。

かつて、TBSでは『紅白』の裏で、格闘技中継『Dynamite!!』をオンエアしていたが、同イベント終了に伴い、2011年大みそかに、ビートたけしと爆笑問題がMCを務める、スポーツバラエティ番組『ビートたけしの勝手にスポーツ国民栄誉SHOW』を放送。その枠内で、ボクシング・井岡一翔の試合を中継した。翌12年からは、『KYOKUGEN』と改題し、毎年井岡の試合を放送し続けてきた。

今年も井岡は大みそかに、アルテム・ダラキアンとのWBA世界フライ級王座のV6戦を予定していた。ところが、井岡が11月9日付で同王座を返上し、試合自体もキャンセルになったことが判明したのだ。6年連続、大みそか特番で井岡の試合を中継してきたTBSにとっては大打撃。番組の“目玉”を失い、頭を抱えることになった。

この緊急事態にTBSは、東京・大田区総合体育館で行われる、木村翔vs.五十嵐俊幸のWBO世界フライ級王座戦、田口良一vs.ミラン・メリンドのWBA&IBF世界ライトフライ級王座統一戦、京口紘人vs.カルロス・ブイトラゴのIBF世界ミニマム級王座戦を中継することを決めた。

同興行はワタナベジムが主催するもので、田口と京口は同ジム所属選手。これまで、同ジムはテレビ東京と連携し、先に引退を表明した前WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志の試合を軸に、大みそかに6年連続でボクシング中継をしてきた。田口は、その舞台で3年連続、世界タイトルマッチを戦ってきた。

「これまでの流れから、本来なら、このトリプル世界戦はテレ東が中継すべきものです。ところが、井岡の試合が消滅したTBSが“強奪”したとみていいでしょう。これによって、恒例となっていたテレ東の大みそかのボクシング中継はなくなりました。井岡問題がテレ東にまで影響を与えたかたちで、テレ東は怒り心頭と聞いています。とはいえ、内山というスターがいなくなって、ほかの選手では一般的なネームバリューがなさすぎます。3試合まとめても、注目度という点で、とても井岡の試合には及びもつきません。正直に言って、今年の『KYOKUGEN』のボクシング中継の視聴率は期待できません」(スポーツ紙記者)

●井岡、引退の可能性も浮上

不可解な王座返上となった井岡は、いったいどうなってしまったのか。父であり、ジム会長の井岡一法氏は今年5月に、井岡は歌手でタレントの谷村奈南と結婚後、拠点を東京に移したため、東京と大阪を往復する生活になったと明かしている。そのため、なかなかジムワークができず、試合を行うコンディションにないとして、王座返上に至ったとしている。一法氏は、井岡がヤル気を取り戻せば、再起戦を組む意向があると言及したが、現実は容易に解決する問題ではなさそう。

「そもそも、一法氏はタレントの谷村との結婚には反対でした。一法氏は、井岡を陰で支えてくれる一般女性との結婚を希望していたようですが、2人は、その反対を押し切って結婚した上、住居も東京に移してしまいました。一法氏側から見たら、“女ボケ”といったところでしょう。さらには、一法氏と井岡はギャラの件でもモメているといわれ、関係修復は容易ではなさそうです。だからといって、一法氏がジム移籍を簡単に容認するとは思えません。そうなると、最悪、引退という事態になってしまいます」(同)

これまで、三階級を制覇し、四階級制覇も夢ではなかった天才ボクサー・井岡が引退を余儀なくされては、本人にとっても、ボクシング界にとっても大きな損失。二人とも、もう少し大人になって、関係修復を図れないものだろうか。TBSも、それを切望しているはずだ。

井岡本人は、すでに公式ブログを削除し、公にはコメントを発していない。その動向は、妻・谷村のブログ、ツイッターでしか知ることができないという状況は、あまりにも残念すぎる。
(文=田中七男)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス