最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『監獄のお姫さま』菅野美穂がにゃんこスターを踊る! アンゴラ村長も歓喜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



5日、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』第8話が放送された。

菅野美穂の振り切れっぷりに注目が集まる一方で、「姐御」の旦那役がまさかのあの人と判明することに。

■これまでの『監獄のお姫さま』


本作はさまざまな事情で「自立と再生の女子刑務所」に入った女囚たちが、無実の罪を着せられて収監されてきた「姫」こと江戸川しのぶ(夏帆)の復讐のために立ち上がるというストーリー。

しのぶはもともと江戸川乳業という会社のご令嬢で、叩き上げのイケメン副社長(当時)の板橋吾郎(伊勢谷友介)と交際していた。しかし、なぜかしのぶは彼の大学時代からの恋人を沖縄で殺害(殺人教唆)したことになってしまい、会社を奪われてしまったのだ。

その後、彼女はお腹の中の子供を守るために刑務所入りしたことも判明。1年半の間、仲間のおばさんたちとともに勇介を育てるが、最終的に勇介の存在を知った板橋に奪われてしまう。

馬場カヨ(小泉今日子)ら女囚たちは出所後、板橋に復讐を誓い合うことになり、計画の日に向けて動いていく。

■のぶりんとイチャつくカヨ


美容資格国家試験を受けて合格し、刑務所内にある美容院で働くことになった馬場カヨ(小泉今日子)。

獄中交際中の恋人・長谷川(塚本高史)と接することができるようになり、散髪しながらイチャつく一幕も。

しかし、「復習(復讐)ノート」の存在を知った若井ふたば(満島ひかり)に問い詰められることになり、復讐計画に暗雲が立ち込め始める。

そんな中、千夏(菅野美穂)・明美(森下愛子)・リン(江井エステファニー)が仮釈放になり、施設を出て行くことに。誓いあった復讐を忘れないことを願って、カヨは「更生するぞ!」と叫ぶのだった。

■暴かれていく板橋の裏の顔


一方、2017年のクリスマス。アジトのガレージに勝田千夏(菅野美穂)と残された板橋は、甘い言葉で彼女に拘束を解かせようとする。

じゃんけんしながら板橋の拘束を外していく千夏だったが、洋子(坂井真紀)が仕掛けた爆弾の爆破時間が迫っていることに気づいた面々が戻ってきて再び拘束。

その後、妻の晴海(乙葉)まで来てしまい、長谷川の後輩(上川周作)が機転を利かせて、ハニートラップの音声を録音していたこともあって浮気もバレてしまうことに。

板橋の裏の顔が少しずつ暴かれてきている状況だ。

■菅野美穂のダンスに爆笑相次ぐ


今回、もっとも注目されたのは菅野だろう。板橋とふたりでいるときに、セクシーダンス(『Like a virsin』/板尾の嫁ver?)をしたかと思えば、現在ブレイク中の男女コンビ・にゃんこスターのダンスを披露したのだ。

この吹っ切れた演技に対し、「菅野美穂すごい」「にゃんこスターってw」などの声の一方で、「菅野美穂にここまでさせるクドカンw」など、脚本の宮藤官九郎に圧倒された様子の人も。






アンゴラ村長も歓喜


この小ネタに、にゃんこスタダンスの生みの親であるアンゴラ村長も自身のツイッターで言及。



と、歓喜の声をあげている。

■小泉今日子、満島ひかりの『夏の扉』も


また、この日の放送ではつぐない美容院にて、小泉と満島が松田聖子のかの名曲『夏の扉』を歌うシーンも。往年のファンにとって嬉しすぎたに違いないこの凹形にも……







などの反応が見られる。

■尾美としのりは「若えの」役で


その他、「姐御」をハメて刑務所に送った「若えの」役に尾美としのりが出演。『マンハッタン・ラブストーリー』(TBS系)で、小泉、森下とともに出演していただけに、登場した瞬間には多くのファンのつぶやきが確認できた。

遊び心にあふれる本作。いよいよ佳境を迎えつつあるが、どんな結末を迎えるのだろうか。

《これまでに配信した『監獄のお姫さま』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『監獄のお姫さま』壁ドンに胸ぐら掴みも…満島ひかりに萌える人続出

(文/しらべぇドラマ班・尾道えぐ美 イラスト/ミキシマ

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス