最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【ディズニー】マニア絶賛! コップのフチに乗っかる表情豊かなアリエルが可愛すぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月20日、株式会社グレイ・パーカー・サービスさんから、「PUTITTOディズニーシリーズ」より、コップのフチに乗っかるアリエルフィギュアが発売されます!

コップのフチで自由に動き回るアリエルが、映画の魅力そのままで可愛すぎる!

キュートでやんちゃな6種のラインナップを、すべてご紹介します。

コンプリート予定の方、購入・予約はグレイ・パーカー・サービス運営の通販サイト「ゴリランド」からどうぞ。

■PUTITTOシリーズとは

「コップのフチ子」でお馴染みのキタンクラブが打ち出すフィギュアブランド「PUTITTO(プティット)」。

色々なキャラクターや生物を「コップのフチに乗せる」など、様々なシチュエーションにあわせ、遊べて飾れる、新感覚フィギュアです。

これまで約90アイテム以上をリリースし、早くもシリーズ累計1100万個を突破しています! (2017年9月現在)

大人気の「PUTITTO」ディズニーシリーズからは、今までにミッキーマウスやディズニープリンセス、不思議の国のアリスなども発売されてきています。

そして、2017年12月20日には、ついに『リトル・マーメイド』からアリエルだけをピックアップしたシリーズが発売されます!

全6種類のラインナップをすべて紹介します。

それぞれにつけられた素敵なタイトルにもご注目ください!

■海で元気に泳ぎ回るアリエル3種

まずご紹介する3種類のタイトルは、「フランダーと仲良し」「セバスチャンとおしゃべり」「泳ぐアリエル」です。

海の中で自由に泳ぎ回るアリエルの日常の一コマです。

■フランダーと仲良し

「フランダーと仲良し」は、フランダーとアリエルの頬同士がくっつきそうな距離感で、仲の良さがいい感じに表現されています。

一緒に人間の世界のコレクションの収集をしている場面でしょうか。

■セバスチャンとおしゃべり

「セバスチャンとおしゃべり」は、セバスチャンとアリエルが談笑しているシーンです。

歌のレッスンをさぼってしまい、怒られることもあるアリエルですが、ここでは珍しく(?)楽しそうです!

■泳ぐアリエル

「泳ぐアリエル」は、何より水中で揺れる髪の毛と、ヒレの躍動感が、とってもリアル…!

そして、絶妙なバランス感覚でコップに乗っかるので、本当に浮いているように見えるのがすごい。

■陸の世界でも活発なアリエル3種

もう3種類のタイトルは「アリエルのおめかし」「アリエルの決意」「アリエルの好奇心」です。

憧れだった陸の世界で、アリエルのテンションはマックスに!

■アリエルのおめかし

「アリエルのおめかし」は、コレクションの一つだった、カミスキーを使うシーンです。

ようやく人間になることが出来たアリエルの、最初の食事シーン。

劇中では、エリック王子や、執事のグリムズビーに、ギョッと驚かれます。

でも、ピンクのドレスを着たアリエルの、嬉々とした表情が、可愛いですよね。

■アリエルの決意

「アリエルの決意」は、人間の世界に行く! と決めた瞬間のシーンを再現しています。

おぼれていたエリック王子を助けた後、「Part of your world(リプライズ)」を岩場で歌うアリエル。

今までは、

「人間のいる世界(Part of "the" world)」

だった歌詞が、

「あなたのいる世界(Part of "your" world)」

へと変わる瞬間です。

エリック王子に恋をして、絶対に人間の世界へ行ってみせる! と決意する、まっすぐな思いと、力強い歌声。

何度見ても泣いてしまうシーンです。

…ああ、脳内で再生しただけでもグッときます。

本当に最高。

■アリエルの好奇心

「アリエルの好奇心」は、「キス・ザ・ガール」のシーンの服装で、何かを楽しそうにのぞき込んでいます。

何を見つけたのかな? と思わず想像力が掻き立てられますね。

そして何より、思い切り逆立った髪の毛が、やんちゃすぎる。

セバスチャンが見たら泣きますね…。

■映画の魅力がそのまま! やっぱり全部揃えたい

発売される6種類のラインナップは、どれも映画のシーンをそのまま再現したような躍動感。

そして、アリエルの、純粋で元気いっぱいな魅力が、たくさん詰まっています。

みなさんも是非、様々なフチにアリエルを乗せて、楽しんでくださいね!


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス