最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「コーヒー」と「ビール」を正しく飲むと、生活が激変するらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動。もう“耳タコ”な規則正しい生活習慣。いくら頭で分かっていたって、現実はそううまくはいかないもので。

それがコーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディカルクリニックで院長を務める馬渕知子さんの著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)。

これなら、いくらでも続けられる!

高いパフォーマンスのカギは
「自律神経」にあり




自律神経とは、私たちの意思と関係なく、生命維持を行うために働く神経のことです。人間はあれこれ考える忙しい生き物ですから、いちいち細かい部分まで気を遣ってはいられません。それに生命にかかわる重要な反応は、人間の考えや日常生活に左右されては困りますから、勝手に動くようになっているのです。

上司の前で緊張してドキドキする、大事なときにお腹を壊す、怒ってはいけないと思っても怒鳴ってしまう……そのすべてに自律神経が関係しています。

自律神経は、真逆の働きをする「交感神経」と「副交感神経」という2種類で構成されており、これらが絶妙に力関係を保つことで、健康な状態を維持しています。このバランスが乱れると、自分自身ではどうすることもできない不調が次から次へと体に現れるのです。

いくら優秀な人であってもコンディションが整っていなければ、その能力も発揮できません。

常に高いパフォーマンスを維持して、仕事で結果を出すためには、自律神経による体の不調とは無縁であることが必要条件なのです。

作業効率UPに貢献
「朝コーヒー」




多忙なビジネスパーソンのコンディションを整える「ハイパフォーマー飲料」としておすすめしたいのが、コーヒーとビール。どちらも日常的に飲まれているあまりにも身近な飲みものですが、じつはこの2つには「自律神経」を整える働きがあるのです。

自律神経は基本的にコントロールしにくいものですが、コーヒーとビールの飲み方次第で、交感神経と副交感神経のバランスをうまく整えることができるのです

コーヒーには色々と種類がありますが、カフェインが適度に含まれているものには交感神経を優位に働かせる力があります。交感神経が働けば、やる気ホルモンでもある「アドレナリン」が全身をまわって興奮状態へ導きますので、仕事に全開モードで取り組めます。 頭の回転も速くなり、仕事への集中力も高まるでしょう。

コーヒーのアロマ(香り)には、緊張を解きほぐして気分をリラックスさせる働きがあるといわれています。せっかく最高のビジネスプランを練り込んだのに、緊張や口下手のせいで上司や先方に上手く伝えられない……。これでは意味がありません。こんなときは、まず薫り高いコーヒーをプレゼン前に試してみましょう。良い方向に転ぶかもしれませんよ!

リラックス作用のある
「夜ビール」




ビールは主に副交感神経に働きかける役割を持っています。適度な量のビールを飲むと、リラックス作用を全身にもたらしてくれます。1日中働きづめで高ぶっている神経を癒す力があったり、会食時の緊張感を和らげてその場の流れを良くする場合もあります。

ビールが持つ気分を落ち着かせて心を寛大にする作用があれば、自分だけではなく先方の心を開くことにも一役買ってくれるでしょう。取引先だけでなく、話しにくい同僚や気難しい上司とも、まずはビールを交わしながら交流を図れば、本音で語り合えるかもしれません。

あなたがアルコールを飲めない場合でも、相手が飲めれば問題ありません。もちろん飲み過ぎには注意が必要ですが、適度なアルコールは人間関係の潤滑油として、ビジネスの成功を後押ししてくれる存在になるのです。

このようにコーヒーとビールの力は絶大……。何も考えずに飲むほど非効率的なことはありません。自身のビジネスプランと将来的な狙いに合わせて戦略的に飲むことで、本来の能力以上の結果を生み出すことさえあるのです。


『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』 著:馬渕知子(クロスメディア・パブリッシング)

メディカルクリニックで院長を務める著者が「コーヒー」と「ビール」で仕事のパフォーマンスが向上する……という考えのもと、正しい飲み方や付き合い方についてレクチャー。仕事で悩んでいる、健康管理ができないと困っている人におすすめの一冊です。


外部リンク(TABILABO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス