最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

おせちは“少し手作り+市販品”が賢い・安い!2品だけ作る簡単レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


気づけばもう12月!ところで毎年、お正月のおせちはどうしてますか?

お正月気分を味わいたいけれど、何万円もかけてデパ地下の高級品を買うのも気が引けるし、そんなにお金をかけるのももったいない…。

近頃、おせち料理を1品100円程度で買えるコンビニの100円おせちがヒットしているというニュースも。でも、逆に、それだけをお正月に食べると思うとどうも味気ない。

たとえば、せめて2品は自分でつくって、残りは市販のおせちを調達して一緒に盛りつければ、うしろめたさからも(もちろんお金の重圧からも!)、放されるというものです。

肉・魚系など大物だけ自分でつくって、ちょこっとあれば十分な黒豆や伊達巻などは買う、というのが賢いのでは?

そこで、簡単なのにおいしくて、さらに味も保証付きのおせちレシピ2品を、『1日で簡単、きちんと!おせち&おもてなしごはん』の著者・料理研究家の小林まさみさんに紹介してもらいました。

◆筑前煮 フライパンで20分でできちゃう

「筑前煮」はフライパンで20分もあればつくることができ、コクうまで、ボリューム感もあるのでおすすめ。普段のおかずやお弁当にも使えます!

●材料(4人分)

鶏モモ肉…大1枚(300g)

レンコン…1節(250g)

こんにゃく…1枚(200g)

干しシイタケ(カサの薄いもの)…10枚(30g)

サラダ油…大さじ1

A 水…11/2カップ

砂糖、酒、みりん…各大さじ2

しょうゆ…大さじ3

ニンジン(1cm厚さの輪切りにして梅型で抜く)…1本

キヌサヤ(矢羽根に切る)…12枚

●つくり方

1)鶏肉は筋と脂肪を除いてひと口大に切る。レンコンは皮をむき、7mm厚さのいちょう切りにして水にさらし、水気をきる。こんにゃくはちぎってさっとゆで、ザルに上げる。干しシイタケは戻さず洗って軸を除き、カサは3、4つに割る。

2)フライパンにサラダ油を強めの中火で熱し、鶏肉を皮目を下にして並べ入れ、こんがり焼き色がつくまで1~2分焼く。レンコン、こんにゃくを加え、全体に油が回るまで炒める。

3)Aを順に加え、シイタケを加えて混ぜ、煮立ったらアクを除く。

4)落としぶたをして7分煮たら落としぶたを取り、混ぜながら2分かけて汁気を飛ばす。粗熱が取れたら器に盛る。ゆでたニンジンとキヌサヤを彩りよく飾る。

◆エビのうま煮 家でつくるとやっぱりおいしい

家でつくる「エビのうま煮」は、甘すぎず、辛すぎず、やっぱりおいしい。しかも、サッと煮るだけで完成するのがうれしい。ちょっとだけよいエビを使うと、気分も上がります!

●材料(4人分)

サイマキエビ(クルマエビの小ぶりのもの)…8尾(150g)

A 酒…1/2カップ

しょうゆ…小さじ1

塩…小さじ1/4

水…1/4カップ

●つくり方

1)エビはキッチンバサミで腹側に切り込みを入れ、背側の殻の頭から2節目に竹串を刺して背ワタを除く。

2)1のエビを「つ」の字の形にし、頭のつけ根から尾まで楊枝を刺してとめる。

3)直径20cmくらいの鍋にAを入れて強めの中火で煮立たせ、重ならないように(2)を入れて中火にし、上下を返しながら3~4分煮て火をとおす。そのままおいて粗熱を取り、楊枝を抜く。

おせち料理をきれいにお重に詰めると思うと、がぜんハードルが高くなりますが、大皿やお盆にバランスよく盛りつけたり、豆皿に少しずつ盛ったりすれば、見栄えもするし、手間なく簡単に盛りつけも完成します。

小林まさみさんの『1日で簡単、きちんと!おせち&おもてなしごはん』には、わずか1日で基本のおせち13品つくって、お重に詰められるワザも載っています。本格的にやりたい人はチャレンジを!

【小林まさみ】

結婚後、会社勤めをしながら調理師学校で学ぶ。料理研究家のアシスタントなどを経て独立。ESSEをはじめ雑誌、テレビ、企業のレシピ開発、イベントなどで活動

<TEXT/女子SPA!編集部>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス