最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

今夜『奥様は、取り扱い注意』最終回! 疑惑の夫役・西島の正体は!? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)

今夜10時に、最終回を迎える『奥様は、取り扱い注意』。

綾瀬はるかのかわいさと、爽快でかっこいいアクションとのギャップ、西島秀俊演じる夫の謎に包まれた正体をめぐり、毎週Twitterは大盛り上がり。

とりわけ、ここ数話で怒涛の展開を見せ、どんな最終回になるのか――待ちきれない人が続出しているはず。中でもやはり気になるのが、西島の裏の顔。ずっとその正体については推測されてきたが、一体何者なのだろうか。

■序盤から疑われる「良夫」西島


(画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)

第一話では、元特殊工作員だった主人公の菜美(綾瀬はるか)が、新しい人生をスタートするために受付嬢として働いている中、とある合コンに参加する。そこで出会ったIT企業経営者・伊佐山勇輝(西島秀俊)に一目惚れし、結婚することに。

閑静な高級住宅街で、穏やかで幸せに満ちた新婚生活を送る中、正義感の強い菜美は街で起きたある夫婦のDV事件を解決する。

初回はただの「優しくてかっこいい良夫」な場面しか見せなかった勇輝だが、ネットでは







と、その正体が只者ではないと疑う声が多数見られた。

第2話、菜美の友人宅で張り込んでいるシーンでは





とも。

やはり、『MOZU』の倉木や『ダブルフェイス』の潜入捜査官・森屋、『CRISIS』の田丸役など、公安や特殊な任務を遂行する役が多い西島だけあって、「ただの良い夫なワケがない」と疑いを持つ人が多かったのだろう。

その上本作の脚本は、『CRISIS』や『SP』を手掛けた金城一紀氏であるから、勘の良いドラマウォッチャーたちは、ドラマ開始の前から疑惑の匂いを感じ取っていたようだ。

第9話では、まだその正体までは明かされてはいないものの、勇輝に裏の顔があるのは間違いなく、その予想はほぼ的中していそう。

■警察と親しげな姿にざわつき


(画像はYouTube日テレ公式チャンネルのスクリーンショット)

第6話では、殺人事件の容疑者として取り調べを受けるため、警察署に来た菜美。取り調べが終わると、勇輝が警察官と親しげに会話してる場面に出くわす。

そのシーンが流れた途端、タイムラインは









と「公安」一色に。初回から疑われていただけあって、ドラマウォッチャーたちの盛り上がりも凄まじかった。

警察署で話すシーンが妙に似合っていたし、やはり正体は公安など警察関係なのだろうか。

■怒涛の「クロフラグ」立ちまくり


(画像はYouTube日テレ公式チャンネルのスクリーンショット)

第6話でやっと怪しさをチラつかせたかと思えば、その後は怒涛の「クロフラグ」ラッシュ。

第7話では福岡出張だと言っていた勇輝だが、菜美と電話している場面では窓の外にレインボーブリッジや東京タワーが。その表情も家庭で見せる笑顔とはかけ離れた険しいもので…





と、Twitter民も騒然。

続く第8話では、裏社会の人間相手に「明らかにカタギではない」眼差しでジロリ。





その視線の鋭さは、犯人も数発攻撃して逃げていったほど。大した怪我もせず、菜美に怪しまれる結果となる。

寝室で菜美と会話するシーンでは、険しい顔で勇輝の心の声も流れ、いよいよクロがほぼ確定な状態。

ただそのシーンでは、勇輝の正体ももちろん気になるが、「綾瀬はるかにお腹を撫でられて、あんな険しい表情ができることの方がすごいぞ!」と、ひたすら羨ましく思うしらべぇ編集部・軟弱系男子記者であった。

そして前回の第9話、いよいよ勇輝は大胆な行動に出る。

勇輝の身辺調査を依頼されていた、菜美の特殊工作員時代の仲間である小雪(西尾まり)が、菜美へ「勇輝はカタギの人間だった」と調査報告の電話を入れているのだが…その横には勇輝が!





さすがのネット民も怖がる展開。菜美のかつての仕事仲間を知っているとは、本当に一体何者なのか。公式サイトのあらすじによれば、「任務のために菜美に近づいた」ことだけは間違いないようだ。

散々立てられたクロフラグの数々も、いよいよ最終回で回収されるはず…。

■あの優しい一言は…


(画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)

「優しい夫」フレーバーな数々の素敵な言葉で、女子たちをキュンキュンさせてきた勇輝。そのモテっぷりは、「たーだいま!」というだけで、タイムラインに悶絶する声がチラホラ見えていたほど。

作中では、よく食卓や寝室で「今日は何してたの?」「悲しそうだね、何があったか話してよ」と尋ね、菜美の話を真摯に聞いていた勇輝。その姿勢に





と羨ましがる声が多数見られた。しかし、その優しい問いかけも、今となっては「なるほど、これは監視や、その裏取りのために聞いてたのか…」と思えてしまう。



このように、以前から疑惑を感じていた人もいたようだ。

しかし、その一方で





といったシーンのような、愛情に溢れた言葉だけは、本心であってほしいと願う人の声も。

公式サイトのあらすじでは、「任務で菜美に近づきながらも、本気で菜美を愛してしまった」と書かれているから、ちゃんと本心で言っていた言葉もあったのだろう。

理想的ないい夫婦にほっこりしていた記者としては、最後は二人で幸せな道を選んでほしいと、つい願ってしまう。

いよいよ来週は最終回。次回予告ではいよいよ菜美が勇輝の正体を知り、ぶつかる様子がチラつく。

あらすじによれば、史上最大の夫婦喧嘩が起こり、「自分のすべてを尽くした死闘」が繰り広げられるらしい。この夫婦の死闘って…ガチで恐怖しかない。互いの攻撃のあまりの速度に、一般人は視認できなかったりして。

脚本の金城氏も、



と言うほどの出来ばえらしい。

西島の正体と合わせて、噂の映画化はのか? 気になることがてんこ盛りな今夜の最終回、必見だ!

《これまでに配信した『奥様は、取扱い注意』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『奥様は、取り扱い注意』素敵夫・勇輝まさかの嫁監視も「西島ならOK」

(文/しらべぇ編集部・エグオ

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス