最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ラブソングっぽく書いてるだけで違うことを歌ってたり。間慎太郎の『YOU&ME』に隠された裏のテーマ【インタビュー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活の一部を切り取るようなアルバムになれたらいいなぁ



──慎太郎さんにとって通算6枚目となるアルバム『YOU&ME』が発売になりました。この作品を聞きながら感じていたのが、明確な想いを持ってアルバムを作り始めたんだろうなということなんです。


間:アルバム全体の指針やテーマ性が明確になったのは『YOU&ME キミならいいぜ』という楽曲が生まれてからですね。この曲自体はアルバム制作後半時期に生まれたんですけど、『YOU&ME キミならいいぜ』を軸に据えた曲たちを並べることで一つの色や想いがくっきり浮かび上がるなと思い、それまでにレコーディングしてきた中からも、あえて『YOU&ME キミならいいぜ』と寄り添える曲ばかりを選びましたし、そこから『YOU&ME キミならいいぜ』に似合う曲たちを作っていきました。

──ということは、レコーディングしながらも形になってない楽曲もあるということ?
間:けっこうありますね。僕自身、あまり長いアルバムは好きじゃないように、たとえ多めにレコーディングを行おうと、最終的には10曲内へまとめようと思っていたように、『YOU&ME』も全10曲入りのアルバムに仕上げました。

先に上がっていた曲たちも含め、レコーディングを行ったすべての楽曲をひとまとめにしたうえで、どれをアルバムへ収録するかの天秤にかけ、「この曲は外せないな」「この曲も入れたいし、この歌ももったいないんだけど、今回はアルバムの色に合わないから外そうか」みたいな感じで選んだ形でしたね。

──それだけ慎太郎さんの中では、『YOU&ME キミならいいぜ』という楽曲の存在が大きかったわけだ。

間:そうですね。この曲をレコーディングしている時点からすごく楽しくて、この楽しい感じがアルバムの核になればいいなと思った。その気持ちがデカかったですね。

──アルバム『YOU&ME』は、タイトル通り「君と僕」「あなたとわたし」という視点で歌にしている楽曲を多く収録しています。とくにその視点を持った歌たちは、相手への未練を抱きながらも、しっかり未来を見据えてゆく内容も多くないですか?

間:そこは、「生活の一部を切り取るようなアルバムになれたらいいなぁ」と思っていた結果だと思います。

──だから、慎太郎さんの歌の多くに「半径1m以内の生活の中で生まれる感情」を覚えてしまうんだ。

間:そう聞こえたのであれば嬉しいですね。じつは今回のアルバムは、先に半年くらいかけギター1本で全国各地をまわるツアーを決め、そのうえで制作に入りました。今回はツアーの本数もけっこうあるように、最初から「ライブに来てくださるお客さんたちと一対一で歌えるような楽曲」や「ライブの場を通し、直接みなさんに届く歌詞」は意識していたこと。そこも、身近な視点で書いた歌が中心になった理由なんだと思います。

──そうか、『YOU&ME』のYOUはライブに足を運んでくれるお客さんであり、この作品を聴いてくれる人に対しての投げかけでもあるわけですね。

間:そうなんです。

基本はギター1本で成立する形を心がけています



──先に「ライブへ向けて」という意識があると、楽曲も作りやすくなるのでしょうか?

間:それはあると思います。何故なら、「ライブをすごく意識して作る作品」になりますから。僕の場合は、どの歌も普段からその意識で作っているんですけどね(笑)。

──アルバム『YOU&ME』へ収録した曲たちは、ストリングスを用いたり、激しいギターサウンドだったり、打ち込みも使ったりとアレンジ面では多様性を持っていますよね。でも、基本はギター1本で歌える楽曲という視点なのでしょうか?

間:その通りです。事実、アルバムの軸を成す『YOU&ME キミならいいぜ』では打ち込みも使っています。

それでも「ギター1本で成立するように」と心がけて作ったように、どの楽曲をどうアレンジしようとも、基本はギター1本で成り立つ形を心がけていますし、そういう曲たちばかりをここには収録しています。

──慎太郎さんの場合、ライブは弾き語りのスタイルが中心?

間:はい、弾き語りを中心にしたライブ活動だからこそ、ギター1本で説得力を持った歌になることは、楽曲を作るうえでつねに意識していることです。

──いかにダイレクトに想いが届くかですね。

間:そうです。

酔っぱらって二度と電話かけてこないでと言われたなぁ



──アルバム『YOU&ME』には男性の視点から書いた曲がほとんどですが、『どうでもええけど』は女性目線で楽曲を書いています。何故、そういう視点にしたのかも教えてください。


間:『どうでもええけど』はですね、江川ゲンタさんというドラマーの方がいるんですけど。江川さんが毎年宮古島でフェスを開かれてて、そこへ僕も毎年呼んで頂いているんですね。そういう繋がりもあっての話なんですけど。

宮古島へ行きご飯に連れていってもらったときに、ゲンタさんが「慎太郎ならではの、慎太郎にしか歌えない曲、何かないかなぁ」と考えてくれはって。そのときに出た「関西弁の女性の言葉で歌出来ないかな?」というアイデアをもとに作ったのが、この『どうでもええけど』なんです。

──『どうでもええけど』に出てくるしょーもない男性って、もしや慎太郎さん自身?

間:そこは、自分に限らずです。あくまでも関西弁の女性を主人公にした物語を考え、その物語に沿った形で出てきた男性の姿ですから。

──アルバム『YOU&ME』を頭から曲順通りに聴いてると、恋愛に破れた男性の悲しくも女々しい心情を中心とした歌が多く流れてくるじゃないですか。だから最初は、あえて女性側の視点からも心模様を書いたのかなと思いました。

間:一応、『どうでもええけど』は関西弁のおばちゃんの物語にはなっているんですけど。実際に僕も「こういうこと言われたことあるなぁ」と言うか、「酔っぱらって二度と電話かけてこないでと言われたなぁ」と思いながら書いてましたからね。

──だから、とてもリアルなんですね。慎太郎さんの歌って、けっこう未練たらたらな内容が多くないですか?

間:僕自身が、どうしようもなく女々しいからなんですよ。でも、男ってみんな女々しいですよね。(過去の恋愛をずっと)引きずってしまいますよね。それって、どうしたらいいんでしょう?

──男ってみんなそういう心を持っているんだから、仕方ないと思います。

間:確かにwww

──慎太郎さん自身、自分の弱さや女々しさ、情けなさを歌詞に投影してしまうタイプですか?

間:どちらかと言えばそうですね。楽しいときやハッピーなときは、僕はあまり曲は作らない。そういう気分のときは、家でも好きな曲を歌ったりしていることが多いんですけど。どうしようもなく落ち込んだりすると、「よし、歌詞を書こう」という感じになりますからね。

ラブソングっぽく書いてるだけで違うことを歌ってたり



──『YOU&ME』というアルバムは、とても人間味の見える作品だなと強く感じています。それこそ、慎太郎さんの隠せない自分の弱さや人生観も投影している曲たちを集約したアルバムというか…。


間:僕自身が、そこを隠そうとはしてないので。(その人が自分自身ではなかろうと)どの歌詞も、結局は自分自身の感情を投影しながら書いてしまいますからね。

それに、自分の素顔な気持ちを隠してライブで歌っても、きっとその場にいる人たちの心には届かないやろうなぁと思うんです。嘘や繕った言葉ってばれてしまうやろうなぁと自分は思うからこそ、なるべく気持ちをオープンでいようと思いながらいつも曲を作っています。

──「君のままでいい」とアドバイスしてくれた想いを綴った『テイクイットイージー』も好きなんですけど。個人的にグッと胸に染みたのが、「あす朝目覚めて恋をして きょうよりまたひとつ恋をして」と歌ったバラードナンバーの『朝が来たとき』なんです。

間:僕の場合、アルバムへかならず1曲は大きめの広いバラードを入れるんですけど。今回『朝が来たとき』が生まれたときに「この歌だ」と思ったし、実際に作品の中でもそういう役割をしてくれたように、僕も大好きな歌なんです。終盤にもおっきめな楽曲を入れてますけど。それも、アルバムへ起伏を持った流れを作るためにやっていること。『YOU&ME』を作っている最中も、「ちょっとバラードが少ないから加えよう」「今回はラブソングを多めに入れよう」と思っていましたからね。

──確かに、『YOU&ME』というアルバムはラブソングの多い印象があります。


間:今、自分でラブソングと言ってしまったけど。じつはラブソングっぽく書いてるだけで違うことを歌ってたりすることも多いんです。その想いを届けるうえでラブソング風にしたほうが伝わりやすいからそういう風には見せているけど、本当の裏テーマは違うところなのは、僕の楽曲の場合よくあることなんで。

──なるほどー。「あなたと僕」という視点には恋愛だけじゃない関係性が含まれているわけだ。てっきりラブソング中心のアルバムだと思ってました。

間:そこは聞く人の自由といいますか、聴いてくださった方が自由に感じたり解釈してくれたらいいように、感じたまま受け止めてくれればそれが正解やと思います。

──でも本人は、伝えたい思いやテーマが明確にあったうえで歌詞を書いているわけでしょ。

間:テーマは大切にしながら書いてますけど、それは人に押しつけるものではないように、感じ方は聴いた人それぞれに委ねたいなと思います。

今やったら、自分でもこういう歌詞を書けるのも納得



──完成したアルバム『YOU&ME』、今の慎太郎さんにとってどんな作品に仕上がりましたか?


間:完成した以上は、もう「どうぞ、みなさんの心に届きますように」という気持ちのみです。

──せっかくですから、お気に入りの歌詞も教えてください。

間:いつもライブで歌いながら「ここの歌詞が好きだなぁ」と思うところが、『空に唄う』の「間違えたことも しょうがなかったことも あの頃はあの頃で必死だったんだよ」という二行。僕は今年で36歳になったんですけど、この二行は「36歳になった今の自分だからこそ書けた歌詞やな」と思いながら、何時もライブでは歌ってますね。

──若い頃って何事にもがむしゃらだし、それが正解であれ間違いだろうと、自分の気持ちを信じて突き進んでしまう傾向がありますからね。

間:そう。だから、『空に唄う』の歌詞が好きなんでしょうね。あと、『人生、スパイスと共に~広島汁なし坦々麺のうた~』の「どこにも答えはなくて あっち行って こっち行って頭も下げ ショウウインドウに写った 傷だらけの自分を少し誇りに思った」の歌詞も、この歳になったから書けたんかなぁと思います。

──歌詞の視点や表現も、年齢を重ねるごとに変わっていくもの?

間:それはありますね。先に上げた歌詞を10年前に書いてたら、絶対に「嘘やーん」と言われたろうなと思ってしまうんですけど。今やったら、自分でもこういうの書けるのは納得やなぁと言うか…。

──『人生、スパイスと共に~広島汁なし坦々麺のうた~』へ記した、いろんな経験を通した感情を混ぜ合わせてこそ、その人の人生の味になるという視点が、すごく心に染みました。

間:『人生、スパイスと共に~広島汁なし坦々麺のうた~』の歌詞は、最初は「広島汁なし坦々麺の曲を作ってください」という依頼で作ったんですけど。結果、人生と汁なし坦々麺を混ぜ合わせて書きあげたこの歌詞は、自分でも好きっすね。

──広島汁なし坦々麺という言葉がないと、すごく深い人生訓のような歌として響いてきます。

間:この歌詞も、今の歳やから書けたなぁとつくづく思いますよね。先方さんがすごく気に入ってくださったのも嬉しかったです。

アコギ1本でもこれだけ臨場感を持って表現出来る



──この記事が出る頃には全国ツアーもスタートしています。

間:来年4月頃まで全国各地をじっくりと廻ります。

──これまでも慎太郎さんは、全国各地を細かくツアーしているんですよね。

間:してますね。よく足を運ぶ場所もあるんですけど、日本全国はひと通り廻ってます。やっぱし、ライブをやってると精神的にいいんですよ。

──ツアーは弾き語りが多いんですか?

間:基本は一人で廻ります、車(ミニクーパー)にギターを積み込み、一人で各地をまわっています。

──慎太郎さんにとってツアーの醍醐味って何ですか?

間:各地でいろんな人たちと出会えれば、各地のスタッフの方やライブハウスの方々と親しく関係を深めていける。しかも回数を重ねるたびに人間関係も深まっていくように、そういうのってなんかいいですよね。

──今回のツアーは、アルバム『YOU&ME』が中心になるのでしょうか?

間:アルバム曲を中心にはしていくんですけど。アルバムへ収録した曲たちをギター1本で演奏することで音源とは違う雰囲気で伝えられるように、アルバムはアルバムで、ライブはライブとして別々に楽しんでもらえたらなと思います。

中には、音源通りに演奏したほうがいいなという楽曲もあるように、そこはどうなるか楽しみにしていてください。もちろん激しい表情でも、アコギ1本でもこれだけ臨場感を持って表現出来るんだぞというところも、今回お見せ出来たらいいなぁとも思っています。

──来年前半までライブに明け暮れる日々になりそうですね。

間:4月まではそうなりますね。家と各地を行ったり来たりの日々を過ごしてそうです。

──けっこう出っぱなしも多いのでしょうか?

間:昔は出っぱなしで行動していましたが、今はちょくちょくに家に戻るようにしています。なにせ僕は家が好きなので、長く出っぱなしになると帰りたくなるように、そこは上手く調整しながら旅を続けようと思っています。

──最後に、改めてアルバム『YOU&ME』の魅力をお願いします。

間:『YOU&ME』というアルバムタイトルのように、「あなたとわたし」という視点のもと一対一で日常生活を切り取ったような、とっつきやすく聞きやすい作品になりました。それぞれに、いろんな「心地好ええタイミング」を見つけて聴いてください。



Photo 片山拓

プレゼント応募について


Twitterで応募するとサイン色紙をUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!


【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten

Tweet

【応募締め切り】
12/18 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!


外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス