最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

将棋・羽生永世七冠に将棋界からお祝い続々 佐藤天彦名人「偉大な記録を目の当たりにしました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 将棋の羽生善治棋聖(47)が12月5日、通算7期目となる竜王のタイトルを獲得し「永世竜王」の資格を獲得、永世称号のある他の6つのタイトルと合わせて、史上初の「永世七冠」の偉業を達成した。佐藤天彦名人、初代竜王の島朗九段など、祝福の声が続々と寄せられた。

◆佐藤天彦名人

永世竜王、そして永世七冠達成おめでとうございます。僕が子どもの時に羽生さんが七冠を達成されたのを見て、本当にすごいことだなあと思ったのですが、時が経ってこうして永世七冠を達成されたということで、偉大な記録を目の当たりにしているんだなという気がしています。羽生さんとの思い出は3年前の王座戦で、新聞解説でうかがった時に、帰りの新幹線でいろいろな話をさせていただきました。短い時間の中で、サッカーの話や海外に行かれてチェスをされた話、音楽の話ですとか、いろいろな話をさせていただいてとても楽しかったです。対局することは増えましたが、また機会があれば、僕自身も頑張っていきたいと思います。

◆島朗九段(第1期竜王)

永世七冠達成、おめでとうございます。初めてタイトルを取られた時から、トップになられることは確信はしていたんですが、本当にこれほどの大偉業を達成されて、長きにわたってトップで居続けることの大変さ、素晴らしさをただただ敬服するのみでございます。今後も後輩の高い壁となって、より多くの実績を積み重ねていただくことを健康のご留意と同時に願っております。

◆糸谷哲郎八段(第27期竜王)

永世七冠達成、おめでとうございます。先生と戦わせていただいた、竜王戦挑戦者決定三番勝負のことは、今も鮮烈に覚えております。中学生棋士、七冠達成、永世七冠達成、99期タイトル獲得と綺羅星の如く業績が並んでおりして、同じ人間の業かと見紛うばかりなのですが、私たち後輩棋士たちも、いつまでも先輩の後塵を拝しているわけにもいきませんので、同じ土俵で戦えることを誇りに思いながら、戦える機会を楽しみにしております。

◆清水市代女流六段(日本将棋連盟 常務理事)

永世七冠、誠におめでとう存じます。頂点に立った者にしか見られない景色があり、それをずっと見続けてこられている羽生さんの偉大さ、そして常に自身への探求、将棋への普及を忘れない、そのたゆまぬ思いに改めて尊敬と感謝の思いでいっぱいでございます。私が悩んでいた時に「結果を気にしていては、何もできなくなっちゃうじゃないですか」と言っていただいた言葉が大変印象に残っており、常に挑戦することの大切さを教えていただきました。これからも道なき道を進まれる羽生さんの、ますますの活躍をお祈り申し上げております。

◆鈴木大介九段(日本将棋連盟 常務理事)

羽生永世七冠、誠におめでとうございます。自分の羽生さんとの思い出としては、自分が奨励会に入った時に、実は羽生さんが奨励会を抜ける日と重なっていて。奨励会入ったら見られると思っていたんですが、それがかなわなかったのが一番の思い出です。羽生さんがタイトル戦も出始めて、自分が落ちたこともあって、ここ10年ほど羽生先生には指導対局受けていないので、自分が現役の間に一局でも教えてもらえる機会があればなと思います。

(C)AbemaTV
▶渡辺明竜王対羽生善治棋聖 竜王戦七番勝負第5局2日目


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス