最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

羽生棋聖が偉業を達成 ひふみん、藤井四段もお祝いコメントを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
将棋の羽生善治棋聖(きせい)が、2017年12月5日に、前人未到の『永世七冠』を達成したことが分かり、将棋界はもちろん、各方面から驚きと祝福のコメントが寄せられています。

永世七冠とは

鹿児島県指宿(いぶすき)市で行われた将棋の第30期竜王戦七番勝負の第5局で、挑戦者として渡辺明竜王を破った羽生善治棋聖。

対戦成績4勝1敗で15期ぶりに竜王位を奪取し、通算7期目となる竜王位獲得となることから『永世竜王』の資格も獲得しました。

羽生新竜王は、1995~2008年にかけて、名人・王位・王座・棋王・王将・棋聖の6つのタイトル戦で、永世称号を獲得。今回、『永世竜王』を獲得したことにより、史上初の『永世7冠』を達成したことになります。

永世称号とは、いわば殿堂入りのようなもので、ある一定回数以上、タイトルを獲得した棋士にしか与えられません。

1つでも永世称号を得るのが難しい中、永世称号制度のある7タイトルをすべて手にすることは、途方もない偉業といえます。

お祝いのコメントが続々

将棋界に金字塔を打ち立てた羽生新竜王を、ひふみんこと、加藤一二三九段も祝福。自身のTwitterに、羽生新竜王に向けたお祝いのコメントを載せています。

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス