最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

火事で『すべて』を失った一家 半年後、3人の子どもが号泣した理由に涙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージ
3児の父であるアンドリューさんは、新しい家族を迎え入れました。

それは、可愛らしいダックスフントの子犬。アンドリューさんが子犬を抱いているのを見て、子どもたちは突然声を上げて泣き始めました。

新しい家族が嬉しかったから、とても愛らしかったから…いえ、彼らが号泣した理由はほかにあるのです。

火事で『すべて』を失った家族

2017年3月23日のこと。アンドリューさん一家が外出している際、自宅が全焼する火事が起きました。

出火の原因は、子どもが愛用していたホバーボード。何らかの故障が原因で爆発し、出火したと見られています。

急ぎ自宅に戻ったアンドリューさん一家。そんな彼らの目に飛び込んできたのは、消防士の腕に抱かれている5年間一緒に暮らしてきたダックスフント・フラッシュのなきがらでした。

※写真はイメージ

日本円にしておよそ3500万円の損害を受けただけではなく、最愛の犬も失ってしまったアンドリューさん一家。

一夜にして『すべて』を失った悲しみは、想像を絶するものだったことでしょう。

そして、半年後…

悪夢のような事故から半年。アンドリューさん一家は新しい家を建て、以前のように穏やかに暮らしていました。

しかし、1つだけ足りないものがあります。そう、愛犬・フラッシュです。

そんなある日、アンドリューさんがダックスフントの子犬を抱いて、息子たちの前に現れたのです。


新しい家族の姿を見て泣き出してしまった子どもたちは、もしかすると「フラッシュが戻ってきた!」と思ったのかもしれません。

子犬はテディと名付けられ、現在アンドリューさんたちと幸せに暮らしています。

フラッシュを失い、心にぽっかりと大きな穴が開いていたアンドリューさん一家。新しい子犬はフラッシュとは違う存在ですが、きっと心の傷を癒してくれるはずです。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス