最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【大分】神と仏が息づく六郷満山のスピリチュアルスポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはCHIEです。
私は先日、大分県に行ってきました!
大分=温泉のイメージが強いと思いますが、大分には温泉以外にも魅力が沢山あります!

大分県を地図で見ると、右上にまん丸な形をした国東半島があります。実はこの国東半島一帯がパワースポット。

国東半島は“仏の里”と呼ばれ、豊かな自然の中に寺や石仏、石塔などが点在します。これらは、厳しい地形での修行を好む山岳信仰が、この地に花開いた独自の仏教文化「六郷満山」を象徴するものであります。最盛期には65の寺と800を超える宿坊があり、大勢の僧が住んでいたのだとか。

六郷満山の寺々が開かれて、来年で1300年。

今回は神と仏が息づく文化が残る「六郷満山」をご紹介したいと思います!

■宇佐神宮



昔々の8世紀頃、この地域には神様と仏様どちらも大切にした「神仏習合」という思想が生まれました。その先駆けとなったのがこの宇佐神宮。
全国に4万社余りある八幡様の総本宮です。

2015年に本宮遷座祭が行われたばかりのパワースポットで、恋愛成就、縁結び、商売繁盛、勝運など諸願成就にご利益があります。

境内に入ったとたん空気が変わるのを感じ、地面から突き上げるような強いエネルギーが土地全体に漂います。



参道を歩いて行くと、途中道が二つに分かれて上宮と下宮へつながります。
私のおすすめは下宮からのお参りです。
上宮の強烈なエネルギーに比べ、下宮にはゆったりとしたエネルギーが漂っています。下宮で静かに心を落ち着かせてから上宮へ向かったほうが、気持ちの準備が出来てより神様とつながることができると思います。



下宮から上宮に続く道も深い森に包まれ、神聖な気持ちになれますよ。



そして上宮。



一之御殿、二之御殿、三之御殿の三棟が並び、本殿横から見ると屋根がM字に見える「八幡造り」という独特な建築になっています。



また、お参りの作法にもポイントが。
通常の参拝は「二拝二拍手一拝」ですが、宇佐神宮の作法は「二拝四拍手一拝」が古くからの習わしです。
これは島根県の出雲大社と一緒。格式の高さが伺えます。

本殿向かって左には、ご神木もあります。
EXILEのUSAさんがグループに加入前、こちらをお参りしてご利益をいただいたというエピソードで有名なご神木です。そのご利益にあやかろうと、皆さん木に手をかざしていました。

境内は広く、上宮・下宮の他にも神社が沢山あります。
1時間くらいかけてゆったりとめぐるのがオススメです。神仏習合発祥の地で、森を吹き抜ける風から神様や仏様とのご縁を感じてみてください。



「宇佐神宮」
大分県宇佐市南宇佐2859
電話番号:0978-37-0001
ホームページ

■熊野磨崖仏



国東半島は石仏・石造物の宝庫で、全国的に見てもその数は非常に多いです。その中で有名なのがこの熊野磨崖仏。

磨崖仏は山道を20分ほど登った所にあるのですが、向かう道が修行です。
その昔、鬼が一夜で築いたと言われる急勾配の石段!



100段もあります。
石段はほぼ整備されておらず、足場が悪いので転ばないよう注意が必要です。

登りきると突如不動明王が彫られた巨大石壁が出現します。



国内最古にして最大級の磨崖仏は圧巻。
心臓破りの石段を苦労して登った甲斐がありました。山の風景に溶け込むように佇む不動明王の凛々しい顔から、土地の長い歴史と信仰の深さを感じます。感動するのでみなさんもぜひ見て欲しいです。



「熊野磨崖仏」
大分県豊後高田市田染平野
交通アクセス:宇佐駅からバスで40分
電話番号:0978-26-2070

■文殊仙寺



648年の開基とされ六郷満山寺院随一の古刹。
日本三大文殊の一つで、「三人寄れば文殊の知恵」のことわざで知られる知恵の仏として信仰されています。
学業はもちろん、生きる上でのありとあらゆる知恵を授けてくれます。



ご本尊の文殊菩薩は秘仏なため、十二年に一度うさぎ年にだけ御開帳されるのが通常ですが、なんと現在、六郷満山1300年の記念に一年間御開帳されています!
貴重な文殊菩薩様のお姿を拝見できるチャンス!!

お寺の中は写真撮影がNGだったのですが奥が岩窟のようになっており、そこにご本尊の「文殊菩薩」と「鬼大師」が並んでいました。岩窟の冷気と静寂さが言葉のない感動を与えてくれます。

岩窟からは霊水が湧き出ていて、「知恵の水」と呼ばれています。参拝者はこの知恵の水をいただくことが出来ます。
神秘的な空気を感じ、お水をいただいたことで文殊菩薩様から力を授けてもらった気分になりました。



「文殊仙寺」
大分県国東市国東町大恩寺
電話番号:0978-74-1400
ホームページ

■柞原八幡宮



最後に向かったのは宇佐神宮の分霊を祀る柞原(ゆすはら)八幡宮。
境内は重要文化財に指定されている建造物も多いので、パワースポットとしてだけでなく、文化的な面でも必見のスポットとなっています。



廻廊の中に入ってお参りすることができ、神聖な気持ちでお参りできます。



拝殿の前に立つと迫力のある天狗と目が合い、力強さを感じます。



神社は杉の木に囲まれた厳かな雰囲気で、とても気に入りました。
こちらも土地のエネルギーが強く、どっしりとしたブレないパワーがあります。ご利益としては出世開運や勝運など。信念を持った人の背中を力強く後押ししてくれそうな気がしました。

推定樹齢3000年を超えると言われる大楠も見事でした。





「柞原八幡宮」
大分県大分市大字八幡
電話番号:097-534-0065
ホームページ

巡ったスポットは以上になりますが、まだまだ魅力が沢山ある大分県。
山岳宗教文化が根付くその独特な雰囲気に圧倒的な力を感じ、すっかり惹きつけられました。また必ず大分に行きたいです!

2018年は六郷満山開山1300年。
この大きな節目に、皆さんもぜひ行かれてみてはいかがでしょうか?

(スピリチュアル占い師 CHIE)


外部リンク(いまトピ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス