最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

“他局パクリ”の次は神木の“顔面加工”!「刑事ゆがみ」が攻め過ぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在放送中のドラマ「刑事ゆがみ」(フジテレビ系)で、浅野忠信演じる主人公・弓神適当の相棒でチェリーボーイの刑事・羽生虎夫演じる神木隆之介。11月23日放送の第7話で公開された彼の写真が、“盛り過ぎている”と話題になっている。

問題のシーンが登場するのは、物語がエンディングに差し掛かる頃。上司の菅能理香(稲森いずみ)に警察手帳用の写真を提出しろと言われた弓神は、実物とはかけ離れた“盛り過ぎ”の写真を提出。もはや別人にしか見えない写真を見て菅能に「こんな写真使えるわけねーだろ!」と突き返され、その写真を見た羽生はここぞとばかりに大爆笑。「やめましょうよ~見栄張りおじさんは」とからかうが、弓神は「お前さあ、そんな偉そうなこと言っていいの? これは?」と言うが早いか、異性交流系サイトに登録した羽生の写真を突き付けた。「マックス盛りじゃねえか~」とツッコまれた羽生は顔面蒼白になり、「やめ! やめろ!」と必死でスマホを取り上げようとして、菅能たちの笑いを誘うというもの。

この羽生こと神木の写真が弓神の言う通りまさしく“マックス盛り”。目の大きさや鼻筋などが極端に修整され、さらに自己紹介欄では「警部補」と、上司の管能と同じ階級にするなど経歴まで盛っていた。

このシーンが放送されると、たちまちネット上で「吹きました」「これはこれで…有り!なのか」とコメントが殺到。28日には番組公式InstagramとTwitterで同様の写真がアップされ、そこでも「ヤバイ加工と盛り過ぎ 笑笑」「女子顔負けの加工技術!」など様々なコメントが寄せられた。

「第7話では『オトナ高校に入学すれば』と弓神に言われた羽生が『チェリートじゃねーし』と返すテレビ朝日ドラマのパロディがありました。とにかく演出には視聴者を楽しませようという気概が溢れていて、低迷していた視聴率も今後楽しみですね」(放送作家)

ちなみに、先月27日に44歳の誕生日を迎えた浅野だが、その翌日の撮影では神木からサプライズでお祝いをされるシーンが番組公式Instagramで報告されている。「刑事ゆがみ」の弓神と羽生は、ドラマだけでなくプライベートでも良きバディのようだ。

(窪田史郎)

外部リンク(アサジョ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス