最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【恋にHに! お悩み相談】夫以外の男性に目がいくクセ、直りますか? |『クラブ佑雪』#13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、不倫願望を常に抱える妊娠中の人妻から。佑雪さんがズバリ説きます!

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子

【クラブ佑雪】vol. 13

「夫以外の男性に目がいくクセ、直りますか?」


もともと惚れっぽくて、結婚してからもほかの男性によそ見をしたり、ちょっと遊んだり……してしまっていました。もちろん旦那のことは一番に大好きなのですが、好みの男性からお誘いを受けると、ついフラッとしてしまうのです。もうすぐ子どもが生まれるので、それどころではなくなると思うのですが、すぐによそ見をするクセを直したいです。どうしたら直るのでしょうか。

(なま子 30歳既婚 もうすぐママ)

■ 直すより、バレない工夫を。

不倫妻って、どこか寂しさを抱えつつ、みんな楽しそうなんですよ!

女として求められること、気持ちがときめくことが楽しくて、嬉しくて仕方がないんでしょうね。ですから、同年代の女性のなかでも輝いていますし、独特の色気というのか、好きモノ特有のエッチな空気を醸し出していて、次から次へとお相手が途切れないんです。婚活中の女性はこういう “男好き” な部分を学んだほうがいいんです。男好きってハードルが低いから、すぐにお相手が見つかるんです。で、こういうのはもって生まれた才能ですから。そう、クセじゃなくて、才能なんです。

ピアノの天才が鍵盤を叩かずにはいられないように、ピッチングの天才が球を投げずにはいられないように。男と惹かれ合う才能に長けた天才も恋をせずにはいられない。ただ、それが独身時代を終えて、既婚者になってからも続くというだけで。しかも厄介なことに既婚者になると、お相手の年収だなんだって、独身女性が気にする条件がどーでもよくなるでしょ? ストライクゾーンが前にも増して広くなって、選びたい放題になっちゃうんですよね。困ったもんです。

ですから、ご相談者さまはお子さんの手がちょっとでも離れるようになると、すぐさまクセ、もとい才能が復活します。さらに今度はババアになるまでに女人生を貪り尽くさなきゃ! なんてヘンな使命感に燃えだしますから。「生理がアガる前に!」って。実際、天才はアガッてからも才能を発揮し続けるんですけどね。なので、むしろ、旦那さま以外の方に目がいくクセを直すというより、いかに旦那さまにバレないように生きていくかに力点を置くほうが現実的なのではないでしょうか。

不倫妻の不倫が夫にバレるのは「エッチを拒むようになった」がけっこう多いんですが、「エッチしてないのに妻が妊娠している」からの「10か月以上、エッチしていない妻が子を産んだ」というものまでいろいろありますから、ぜひともそのあたり、お気をつけくださいね。

無事の出産、ご祈念申し上げます。

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!

(C)andriano_cz/Gettyimages

外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス