最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

トランプ劇場が注目を集める理由は「ガチのドラマ仕立て」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。12月4日(月)~15日(金)までの放送は「ありがとう大賞2017」と題して、“今年愛された人”をさまざまな角度から検証します。4日(月)にピックアップされたのはドナルド・トランプ米大統領。「BREAKFAST NEWS」のコーナーでは、ノミネートされた理由についてジャーナリストの仲野博文さんに伺いました。



トランプ大統領が“今年愛された人”に選ばれた要因として仲野さんが挙げたのは、“シリーズ化”“ユニバース化”“ガチ(ガチンコ)”の3つ。

まず、“シリーズ化”に関して、実業家時代から現在に至るまで、まるでテレビドラマのように展開されてきた“トランプ劇場”。仲野さん曰く、実業家時代がシーズン1、大統領選がシーズン2、移民問題や温暖化を議論するパリ協定からの離脱がシーズン3……といった具合にトランプさんの山あり谷ありのエピソードを海外ドラマに例えて説明。さらには「現在はロシアゲート問題をめぐってシーズン5、6あたりじゃないか」と話す仲野さん。続けて「ロシアゲートはかなり重大な問題なので、もしかしたらシーズン7、8くらいでトランプ劇場が打ち切りになる可能性もある」と示唆します。

次に“ユニバース化”。
近年のアメリカンコミックをベースとしたハリウッド映画では、1つの作品に別作品のキャラクターが登場する現象がよく見られますが、それがトランプ政権でも発生。与党・共和党だけでなく反対勢力やロシア政府関係者がトランプ政権に関与したり、逆に側近が急に解任されたりと“ユニバース化”が顕著に。

そんな状況について、仲野さんは「トランプ大統領にとって誰が敵で誰が味方かわからない状態。これまた飽きのこないドラマ展開になっている」とコメント。

そして、最後に“ガチ(ガチンコ)”。
トランプ大統領といえば、今後の政策に影響するような内容をはじめ、歯に衣着せぬツイートを発信することも。「影響力と本気度でいえばトランプ大統領のTwitterの内容ほど“ガチ”なものはないんじゃないか」と仲野さん。

これについても、「主役をつとめる俳優がテレビ局や映画会社の断りなしに次のエピソードの予告をどんどんしているようなもの」だと、またもやドラマなどに例えます。そんな話題の尽きない“トランプ劇場”に「ある意味、今までにないプロデュース(力)があると感じた」とトランプ大統領のノミネート理由を解説してくれました。

次回は誰がノミネートされるのか、そして誰が栄えある大賞に輝くのか――乞うご期待!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2017年12月12日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:クロノス
放送日時:毎週月~金曜6:00~8:55
パーソナリティ:中西哲生(月~木)、速水健朗(金)、高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス