最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【LAオートショー2017】600psを誇る「XE SV PROJECT 8」、SUV初のパワークローズ・リヤドア搭載「RANGE ROVER SVAutobiography」を出展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガー・ランドローバーは、2017年12月1日から一般公開されているロサンゼルスオートショーに「XE SV PROJECT 8」、「RANGE ROVER SVAutobiography」、先日日本でも発表された「XF SPORTBRAKE」、EVパフォーマンスSUV「I-PACE eTROPHY」、新型コンパクトSUVの「E-PACE」など計17モデルを出展しました。

「XE SV PROJECT 8」は、5.0L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載。最高出力600psを誇るジャガー史上世界最速の4ドアスポーツサルーンで、「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」がデザイン、エンジニアリング、組み立てを手がけた特別なモデル。なお、ニュルブルクリンクの北コースで7分21秒23というタイムを記録しています。

ジャガー・レーシングからは「Jaguar I-PACE eTROPHY」の初のレースチームが発表されています。インディカー・シリーズを3度制覇し、インディ500でも優勝経験のあるボビー・レイホール氏が率いるチーム「Rahal Letterman Lanigan Racing」が2018年12月より参戦。

レンジローバーの中でも最もラグジュアリーなグレードである「RANGE ROVER SVAutobiography」も出展。プラグインハイブリッド(PHEV)をはじめ、565psに達する5.0LのV型8気筒スーパーチャージャーまで、幅広いパワートレインオプションを設定するほか、ボタンひとつでリヤドアを閉めることができるパワークローズ・リヤドアをSUVとして初採用されるそうです。

そのほか「XJR575」も展示。ラグジュアリーサルーン「XJ」に新しく追加され、最高出力は575ps、0~62mph(100km/時)まで4.4秒で加速するスポーツグレードになっています。

(塚田勝弘)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス