最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「現実のほうがハッピーエンド!」 『とろサーモン』のM-1優勝が感慨深い理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本一の漫才を決める『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)の決勝戦が、12月3日に放送されました。

第13代王者に輝いたのは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属のお笑いコンビ『とろサーモン』!

メガネをかけた久保田和靖(くぼたかずのぶ)さんがボケ担当。そして、村田秀亮(むらたひであき)さんがツッコミ担当です。

2002年に結成してから、苦節15年。総エントリー数4094組の中から、見事に優勝を果たしました。

夢にまで見た『M-1グランプリ』の優勝トロフィーと賞金1千万、さらに副賞の数々を得た2人。

優勝の興奮が冷めやらない村田さんに、司会者の今田耕司さんが語りかけます。そうして引き出された『あるコメント』に、多くの人を感動させました。

ドラマ『火花』の役とリンク

村田さんはマルチな才能を発揮し、ドラマに役者として出演していました。

出演したのは、Netflixオリジナルドラマ『火花』。2015年に第153回芥川賞を受賞した、お笑いコンビ『ピース』の又吉直樹さんが執筆した、小説『火花』を原作とした作品です。

ドラマ『火花』は、「売れないお笑い芸人の徳永が、神谷という個性的な先輩芸人と出会う」という物語。

その中で村田さんは、神谷と売れないお笑いコンビを組む、大林和也という役を好演しています。

司会者の今田さんは、村田さんにドラマ『火花』での役を重ねて、次のような会話をしました。

今田:
えー、テレビ版ですけど、『火花』で売れない漫才師役で。

村田:
そうです。もう、あのまま売れずに終わっていくんかなって思ったんすけども…。

今田:
「売れたいわー」っていうセリフありましたけど。

村田:
いや、もうあれ、本当に売れてない芸人がいった、本当のセリフなんで。
『M-1グランプリ2017』 ーより引用ドラマ『火花』の役とリンクしている部分があった、村田さん。しかし、『M-1グランプリ2017』で優勝したことによって、現実では明るい未来へと踏み出すことができました。

お笑いコンビ『とろサーモン』の優勝を受けて、芸人仲間のお笑いコンビ『麒麟』の川島明さんからは、こんなコメントが寄せられています。

村田さんのお笑いコンビは、現実では努力が報われて、最高のエンディングを迎えた。

ドラマ『火花』を見ていた人たちは、今田さんや川島さんと同じように喜びを感じたようです。

「ドラマ『火花』の、本当のエンディングを見てるような気持ちになった」「現実の方がハッピーエンドなの最高だし人生っていいなって思う」「お笑いコンビ『とろサーモン』の優勝は、ドラマ『火花』の影響でメッチャ感動する」など、次々と優勝を祝福するコメントが届いています!

また、「ドラマ『火花』を再度観たくなった」という声も多数挙がっています。

感慨深い優勝となった、お笑いコンビ『とろサーモン』。彼らの活躍が、いまから楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス