最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アイシンのパーソナル電動モビリティ「ILY-Ai」の実証実験を愛知県ラグーナテンボスで実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月29日、アイシンは2017年11月13日から2018年3月30日までの期間、ラグーナテンボス(愛知県蒲郡市)で、同社が開発中のパーソナルモビリティ「ILY-Ai(アイリー・エーアイ))」の実証実験を実施すると発表した。

「ILY-Ai」は、「ビークル」、「スクーター」、「カート」、「キャリー」の4つの形に変化し、多用な用途に対応するパーソナル電動モビリティで、2020年の実用化をめざし開発を行なっている。

今回の実証実験は、ラグーナテンボスが運営する複合型リゾートで、「ILY-Ai」の試乗体験会やガイドツアーなどのイベントを取り入れていくことを検討している。パーソナルモビリティならではの特徴を活かし、園内の非日常空間の演出に貢献しながら、車両の評価、試験を進めるというものだ。

11月13日から実施している第1期の実証実験では、開発者が「ILY-Ai」に乗って園内の移動や巡回をしながら、車両の走行性能および信頼性の評価を行なっている。また開発車両の性能と安全性を確認し、来場者を対象とした次の実証実験につなげることを目的としている。

2018年1月からは、第2期として「ラグーナテンボス」の指定エリア内で、一般来場者を対象に試乗体験会を実施する予定だ。ユーザーからの声を開発に取り入れ、さらなる性能や信頼性の向上をめざし、さらに第3期では、園内で「ILY-Ai」を用いたガイドツアーを行なって、あらゆるユーザーに「ILY-Ai」を体感してもらう計画を進めている。

実証実験の実施場所:ラグーナテンボス(愛知県蒲郡市海陽町2-3-1)

アイシン アーカイブアイシン精機 公式サイト

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス