最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

結局、好きな人に合わせる女性より、自分の個性を貫く女性がモテる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

草食系男子が増えているといわれますが、かといって女性が肉食化しているわけではなく、男性に引っ張っていってもらいたいと考える人のほうが、やっぱり多いんだとか。

そうすると当然、好きな人の色に染まりがちな女性も多いんでしょうが、でもコレってアプローチ法としては逆効果。

むしろ、自分の個性をとことん貫いたほうがモテるんです。



■ 男性は「自分がない人」が嫌い

男性に限定しなくても、「自分がなく、つねに周りに流されている人」の好感度は高くありません。どんな考えを持っていて、それをきちんと主張ができる人が、周りからの信頼を得たり、真剣に向き合ってもらえたりするはず。

恋愛も一緒で、モテるから、好きに人に気に入ってもらえるだろうからと、本当に好きではないファッション、メイク、主張をアピールすると、男性は「この人、自分がない」と白けてしまいます。

上手に聞き役に回れる女性は男性に好かれると言いますが、だからといって男性に合わせるばかりも良くないんです。うんうんと笑顔で頷いていても、必ずどこかで「ただ合わせているだけ。本当に気持ちが込められているわけじゃない」と気づかれてしまうものです。

何でもかんでも男性の言うなりになる女性に喜ぶのは、モラハラ男だけじゃないでしょうか?

たとえ好きな人と意見がぶつかり合っても、「私はこう思う。こうしたい」とハッキリ述べられる女性のほうが、好かれやすいといえます。

■ 余裕がある

好きな人に合わせるということは、自分の軸が他人にあるという意味。一人で判断することがなかなか難しくなります。

たとえば、デートに「彼は女の子らしい服が好きなはず」とふんわりコーデで出かけたところ、彼氏がワイルドカジュアルな服を着ていて、「ヤバい! 間違えた!」と焦るとか。

恋人同士であっても、お互いに好みを寄せなければいけないわけではないので、デートで何を着たっていいんです。彼氏と全然テイストが違うコーデだとしても、「私は私」と堂々としているべき。

なぜなら、相手に合わせて相手軸で判断・行動をすると余裕がなくなるため。余裕がない、オドオドしているというのは、男性に好かれる要素ではありません。

いつも自分の顔色を伺うような女性より、自分の意思で動ける人のほうが、男性は魅力的だと思いますし、一緒にいて安心するのです。

■ 「自分を持っている」は出しゃばることじゃない

自分を持っていて個性を貫ける女性というと、目立つタイプを思い浮かべるかもしれません。でも、実際のところ、出しゃばりタイプだけじゃないんですよ。

おとなしめな女性が、実は芯の強いしっかり者だとか。

無口な女性だけど、意見を聞けばつねにちゃんと自己主張できる、など。

男性はまず視覚で女性を判断しますので、パッと見の印象も大事ですが、ちゃんと恋愛するとなれば、雰囲気や外見だけでなく中身で見極めてくれます。

ちょっとした一言や表情、態度で「軸がちゃんと自分にあるか」「他人に流されていないか」という部分を察してくれるでしょう。

■ さいごに

世の中に恋テクニックはごまんと溢れていますが、そのすべてが自分に活用できるとは限りません。

また、恋愛とはそもそも、好きな人と同化することではないのです。積極的に理解しようとして近づくことはしても、無理をしてまで相手に染まる必要はないでしょう。

好きな人のために頑張って、でもうまくいかない……という場合、「相手に染まりすぎている」可能性があります。ちょっと見直しても良いかもしれませんね。(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス