最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ジャイアント馬場さんの“夕食は永田町で”――フミ斎藤のプロレス読本#146[馬場さんワールド編1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


199X年

ジャイアント馬場さんは、細かく砕いたクラッカーのかけらをたくさん浮かべたパンプキン・ポタージュのスープを丸いスピーンでゆっくりと口に運んでいた。

大きめのダイニングテーブルの上座にはミスター馬場がいて、右どなりにはミセス馬場の元子さん、左側にはレフェリーの和田京平さんが腰かけている。

永田町のキャピトル東急ホテルは、トーキョーの心臓部のすぐそばの山王女坂(さんのうめさか)というゆるやかな坂道のてっぺんにある。裏手には日枝神社、2ブロック先には国会議事堂、国立図書館、最高裁判所などがでんとそびえ立っている。

時間がのんびりと流れ、クラシック音楽がよく似合う天井の高い空間。やわらかい明かりにつつまれたロビーには、頑丈そうなコーヒーテーブルとスクウェアなカウチがいくつもお行儀よく並べられている。

馬場さんご夫妻は、このホテルをリビングルームがわりにしている。

スープのあとはコンビネーション・サラダ。サラダのあとはメイン・ディッシュ。馬場さんの目のまえに運ばれてきたのはフィレ・メニョーン。かんたんにいえば、ヒレ・ステーキだ。

お肉の焼き加減は、たぶんミディアム・レア。つけ合わせは、山のようなマッシュポテトとグリーンピース。元子さんが頼んだのはヒレカツとサイドオーダーの温野菜のプレート。温野菜はブロッコリ、カリフラワー、にんじんの輪切り。京平さんは黙もくとテリヤキ・ステーキにナイフを入れている。

キャピトル東急ホテルのレストラン“オリガミORIGAMI”をのぞいてみたら馬場さんがそこに座っているかもしれないなんて、ニューヨークのプラザ・ホテルかどこかでフレッド・アスティアかだれかが食事をしているところにばったり出くわすのと同じくらい非現実的な都会のおとぎばなしなのだ。

でも、これはファンタジーではない。馬場さんはたしかにそこにいて、お皿の上で逃げまわるグリーンピースをナイフとフォークですくい上げ、元子さんはステーキのよこにぐいっと置かれた温野菜のかけらをつついていた。

馬場さんはお友だちのクニマツさんのことを話していた。きっと、国松彰さんのことだ。プロ野球の読売ジャイアンツOB。背番号“36”。ON全盛時代の5番バッター。丸メガネの外野手。劇画『巨人の星』では花形満のホームランをつかみとった男である。

馬場さんは最近、あるパーティーの席上で国松さんから「プロレスラーって意外とちいさいんだね」といわれて困ってしまった。

体の大きい若者、才能のある運動選手はみんなほかのスポーツに持っていかれる。国松さんは「いまは野球じゃなくてサッカーでしょ」と、そんなことをぽつりぽつりとしゃべったらしい。

馬場さんは「おれはなんもいえんかった」といって苦笑する。ジャイアンツのユニフォームは、馬場さんの青春時代の勲章のひとつ。ジャイアント馬場の“ジャイアント”は“ジャイアンツ”の単数形でもある。

食事がすむと、テーブルにコーヒーが運ばれてきた。馬場さんのコーヒーはブラック。お砂糖の代わりにイクォル(甘味料)をひと粒落とす。ミスター馬場が黙り込んでしまうと、元子さんも京平さんも自分たちからはそんなに積極的にはおしゃべりをしない。

頭の上のほうでは聞こえるか聞こえないかわからないくらいのボリュームでクラシック音楽がかかっていて、近くのテーブルからは食器とシルバーウェアが軽くぶつかるカチャ、カチャという音、笑い声なんかがもれてくる。

馬場さんは、プロレスというスポーツを団体競技ととらえている。レスリングは個人種目だけれど、全日本プロレスはあくまでも団体だから、そこで起こるもろもろのできごとは団体のフィルターのなかで解決・処理されていく。

団体生活の基本はチームワーク、フェアプレー、ギブ・アンド・テイク。監督の仕事は、選手たちの体と心のコンディションをよく知ること。全日本プロレスのカラーは奥ゆかしさ、謙虚さ、そして慎み。

コーヒーに飽きた馬場さんは、抹茶のアイスティーを注文した。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス