最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

恋愛 

彼の地雷を踏む前に! 知っておきたい“男性が深く傷つく行動”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


■男女で違う“傷つくツボ”

■傷つくのはどんな時…?

「そんなこと、どうでもいいだろ。」「別に怒るほどのことでもないじゃないか。」

「気にするほどのことでもないって!」

……こんな男性の一言で傷ついたことはありませんか?

女性は感情をないがしろにされたとき、深く傷つく傾向にあります。

男性からすると「気にすることないよ!」という励ましの意味だったとしても、言われた女性は「私の言っていることはどうでもいいってこと⁉」と解釈してしまったり、自分の思いを無視された気になるのです。

一方男性は、自分のしたことを否定されると深く傷つく傾向にあります。

男性は、自分の“行動”と”結果”を結びつけて自分を評価する傾向にあります。恋愛の場合だと「自分を評価する“結果”=相手の反応」ですね。

例えば、彼女の手伝いをして喜ばれたとします。すると男性は「彼女に喜ばれた!やってよかった!」という気持ちの他に「彼女にこんなに感謝されるなんて、俺ってやっぱすごいな!」と感じるのです。

そんな男性に「折角手伝ってもらったけど、全然ダメね」などと言ってしまうと、「自分のしたことを否定された=自分自身まで否定された」と感じてしまいます。

また、行動だけでなく、自分が連れて行った映画やレストランなどを「この映画、イマイチだったね。」と批判された時も、自分自身を否定されたように感じます。

だからと言って、ウソをついたり我慢したりする必要はありません。素直に感想を言ってもいいのです。

でも、そのままだと男性を傷つけてしまう可能性があるので、言い方を変えてみたり、たとえ物足りない結果だったとしても行動してくれたことへの感謝を述べたり、こんなフォローを入れてみるのはいかがでしょうか。

「この映画、イマイチだったね。でも、○○くんと一緒だから、面白くない映画でも何だか楽しく感じるんだね!」

付き合いが長くなればなるほど、少ない言葉で相手に何かを伝えようとしたり、「彼ならこれくらい分かってくれるだろう」なんてついつい思ってしまうもの。しかし、相手を傷つけてしまう言葉はそんな油断したときにこそ出てしまいます。

お互いが穏やかに過ごせるように、気を付けていきたいですね。

原作:織田隼人


外部リンク(ウレぴあ総研)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス