最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

違法動画ダメゼッタイ! 見逃し視聴は「合法」の公式配信を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

((C)ぱくたそ)

テレビ番組を見逃したときに、ネット上に動画がないか探すのが一般的な行為になっている。しかし、アップロードされている動画には、違法なものも多い。

■遠藤憲一が無断アップロードの違法性を訴える


遠藤憲一が出演している、「放送番組の違法配信撲滅キャンペーン」のCMを観たことがある人も多いだろう。

「10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金、またはその両方だ」

遠藤憲一が生徒たちに伝えているように、テレビ番組を勝手にアップロードすることは立派な犯罪。また視聴する側にも、モラルが求められている。

■民法各局の番組を期間限定で配信


各テレビ局では、独自のネット配信サービスを提供。放送後から期間限定で無料視聴ができるのは、見逃した人や忙しい人には便利なサービスだろう。

また「TVer」を利用すれば、民法各局が配信している動画をチェックできる。

これらの配信サービスは、違法動画に対抗するために始まったシステム。見逃した視聴者も、公式が無料で提供してくれていれば、「悪いとわかっているけれど…」と違法動画に手を出さずに済む。

さらに「Netflix」などの有料動画配信サービスは、過去の作品をまとめて観られるのが特徴だ。定額で観放題なので、映画ファンだけでなく、ドラマやアニメファンにも契約者が多い。

■最終話の見逃しはよくある話


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,336人に行なった調査では、全体で45.5%もの人が「ドラマやアニメの最終話だけ見逃したことがある」と答えている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

最終話の見逃しは、かなりのダメージだろう。

ネットの普及により、テレビの視聴方法も変化をしている。少し前までは気になる番組は見逃しがないように、必ず録画をしていたが

「決まった時間に家にいるわけじゃないし、録画も忘れる。そうなると、ネット上に転がっているものを探してしまう」(20代・男性)

録画をするよりも、ネットで観る人が増えているのだ。罪を犯さないためにも、動画を探すなら、正規配信サイトを利用するようにしたい。

・合わせて読みたい→違法サイトが閉鎖…「漫画にお金を払いたくない」人たち

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス