最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

小悪魔テクニック!思わせぶりな言葉で男性の気を惹く3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魔性と言われる女性は、たくさんの男性を虜にします。その方法はまるで男性に気のあるような発言をして、男性に勘違いをさせてしまうのです。ちょっとズルいですよね。

でも、思い切ってあなたもちょっとだけ使ってみましょう。本当にあなたが気になる男性にすればいいのです。この記事では、そんな魔性の女性が使っている、思わせぶりなセリフを3つお教えします。



■ 1:私が彼女だったらどうする?

「もしも私が彼女だったら、あなたはどうしますか?」と男性に問いかけ、想像させます。

男性側としては、そんなこと聞かれたら、「この女性は自分のことが好きなのか?」と思ってしまいます。思って当然ですよね。

でも魔性の女性は単純な興味で聞いているふりを装います。そして、男性のリアクションを見て楽しんでいるのです。

どんなところにデートに連れて行ってくれるのか、どんなプレゼントをくれるのか。これらを色んな男性にして品定めをし、良さそうな人と付き合います。断られないように伏線を張っているのです。

■ 2:どうしよう。告白されちゃった

男性の前であえて自分が別の男性に告白されたことを伝えます。男性の中には、不思議と誰かのものになりかけている女性に惹かれる人がいます。

または、その男性が自分に気があるのかを反応を見て試しています。「告白されたけど、まだ考え中なんだよねぇ。どうしよっかなー」と男性をゆさぶってきます。

男性は、その女性がOKを出す前に行動を起こさないと、という気持ちになってしまいます。

■ 3:この日は2人で会うのはNG。だってたぶん女の子の日だから

もうすでに2人で休日に遊びに行くような仲になっている場合、日程を相談するときは、あえてNGの日を口にします。

男性が理由を聞いたら「だって、その日はたぶん女の子の日だから」という理由を言います。

男性は女性の生理に対しての理解や認識が浅いので、生理ではない日に会いたいということは、女性側がエッチをすることも想定して日程を決めていると深読みしてしまいます。

女性側としては、ただしんどいから避けたいだけという理由が多いですが、こういう理由をあえて口にします。

いかがでしたか?

魔性の女性は、不特定多数の男性にこれらの方法を使いますが、好きな男性の気を惹くためになら使っても良いでしょう。(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス