最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【12月16日(土)公開】『8年越しの恋人 奇跡の実話』ちぃぽぽトークショー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「この映画はホントに奇跡の物語だなって思いました」



映画のタイトルにちなんで選んだドレスは私服だと話すちぃぽぽ。「8年も待てるっていう彼氏がスゴイですよね」とマイクを握りしめ、会場で試写を見たファンに問いかけました。劇中で麻衣(土屋太鳳)が倒れてから、意識不明の彼女を待ち続けた尚志(佐藤健)の姿に感動したというちぃぽぽだけど、「もし、私に彼氏がいても8年なんて待てない。だから、この映画はホントに奇跡の物語だなって思いました」と正直な感想を。

8年後の夢は?「結婚していたいですね」



「お友だちをたくさん呼んで、盛大な結婚式を挙げたいです」と少し照れながら答えてくれました。さらに「結婚式は一生に一回のこと。だから自分でデザインをしたドレスを着たいです」と密かな野望も告白。「結婚後は私も妹がいるので、同じように女の子2人欲しいかな。そして子どもと友だち関係のような温かい家庭を築きたいです」と理想の結婚生活も。


「この映画は悲しいだけの物語ではなく、最後に必ずハッピーな気持ちになれる作品なので、ぜひ大切な人と一緒に見てほしいです」と。会場に集った300人のファンたちに最後まで手を振っていました。

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』12月16日(土)全国ロードショー



結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。そして二人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる。
映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』公式サイト

外部リンク(TCM)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス