最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

寒いとかゆい? 秋冬の「寒冷じんましん」にご用心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋冬になってくると、「寒冷じんましん」になるケースが増えるそうです。寒冷じんましんの症状・予防法・治療法を解説します

「寒冷じんましん」のきっかけは皮膚温度低下

じんましんは急に皮膚にできるかゆい膨疹です。盛り上がった湿疹ができる皮膚病の総称として使われます。

その中でも「寒冷じんましん」は、寒さがきっかけで起きるじんましんを指します。秋から冬にかけて多い病気です。

ちょっと間違えやすいのですが、正確には急な外気の温度低下による寒さのせいというよりも、皮膚温度の変化がきっかけとなります。例えば、入浴中に上がった体温が脱衣場で下がった場合も、きっかけとなります。紫外線を避けて日の出直後や日の入り後にジョッギングをして、発汗。たまたま風が吹いて上がった体温が低下した場合も、きっかけとなります。

鳥肌かと思ったのに、急にかゆくなってきたら寒冷じんましんを疑いましょう。

寒冷じんましんになりやすいのはどんな人?

どちらかというと、

・寒がりという自覚がある
・鳥肌が立ちやすい
・寒くなると厚着と周囲から言われる
・厚着のために冬場でも汗をかく
・脱衣場の温度を寒く感じたことがある
・入浴後は体温が下がっても気にしない

ジョギングなどをしている場合、

・汗をかきやすい
・紫外線を避ける時間に行っている
・屋外(例:公園)で走り終える

多く当てはまる人は寒冷じんましんを経験する可能性が高いですね。

寒冷刺激を避けましょう!

寒冷じんましんの予防は、皮膚温度の急な下降を避けること。とはいっても下手に厚着をすると、暖房が強い場所で発汗して冷たい乾燥した外気に汗が蒸発すると結果的に寒冷刺激となります。

特に女性の場合は、ワンピースは御法度。首の温度の変化を避けるために首元はトックリにして、襟巻きを併用。上半身の温度調節ができるようにセーターよりもカーディガン。足の寒冷刺激を避けるためにスカートよりもパンツルック。

寒冷じんましんの予防には、秋冬のファッションはコーディネートを中心に行きましょう。

治療は温めること!

たかがじんましん。寒冷じんましんと侮ってはいけません。寒冷じんましんで起きている反応は、部位は限定されていますが、いわゆるアナフィラキシーショック・アナフィラキシー様ショックと同じ反応です。もしも全身に広がれば、救命救急措置が必要な事態となります。

寒冷じんましんを起こした場合の治療は、寒冷刺激は取り去ること。すなわち、体を温めることにつきます。薬物療法の有効性については効果の判定が難しいので積極的にはお薦めしません。

・屋外で起こした場合は、とにかく温かい建物中に入りましょう。

・入浴後に脱衣場で起こすような場合は、ホテルなどにあるようなガウンを使って体温低下を防ぎましょう。

・ジョギング後に起こすような場合は、温かい建物の中から走り始めて最後も建物の中で走り終わるようにしましょう。

寒冷じんましんは寒冷刺激がなくなれば、消えるのが普通です。寒冷刺激がなくなった状態でじんましんの状態が持続する場合は、寒冷刺激とは異なるきっかけの可能性があります。皮膚科を受診しましょう。
(文:西園寺 克)

外部リンク(All About)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス