最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

滝沢秀明、新ドラマで主演&主題歌担当 泣けるサスペンスで弁護士役に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 滝沢秀明が、2018年2月スタートの新ドラマ『家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)で、主演と主題歌を担当することが発表された。初の弁護士役に「新鮮ですし、チャレンジ」と思いを寄せる滝沢は、「人間ドラマを是非じっくり観ていただきたい」と作品の魅力を語った。

【関連】滝沢秀明主演映画『こどもつかい』公開直前大ヒット祈願イベントの様子

本作は、30年前に起きた一家惨殺事件を巡り、さまざまな人物たちが交錯する“骨太の泣けるサスペンス”。一家惨殺事件の犯人とされた死刑囚のもとを、ある女性に再審請求を依頼されたことから訪れた青年弁護士・浅利祐介(滝沢)。しかし、その死刑囚は祐介の両親と祖父をかつて殺害した犯人だった…。

弁護士としての使命感と自身の過去に揺れる弁護士・祐介を演じる滝沢は「弁護士という肩書きはあっても、ひとりの人間としてどう事件に向き合っていくかがとても重要だと感じました」と役柄の印象を語り、「祐介は弁護することによっていろいろと苦悩しながら成長していく人物だと思いますので、僕も一緒になって成長していきたいです」と意気込みを明かす。

またソロで主題歌を担当するにあたり滝沢は「ドラマは作品の力もさることながら、音楽の力というのも大切だと思います」と語る。「物語と音楽のイメージが合致したときに、とても大きな流れを作り出すと思いますし、この作品の放送が終わっても、視聴者の方々がこのドラマの名場面が浮かぶような、そんな主題歌にしていきたいです」と意欲を示す。

さらに「僕らと一緒にドラマの世界観に入っていただき、是非、このドラマの一話、一話で起きる出来事を、一緒になって考えて感じて、苦悩していただけたら嬉しいです」と視聴者へメッセージを届けた。

新ドラマ『家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~』は、東海テレビ・フジテレビ系にて2018年2月3日より毎週土曜23時40分放送。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス