最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ダイエッター必見!お鍋に入れる神食材を見つけた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【ラクうま美人ごはん vol.21】

鍋をおいしくする美容食材。

鍋がおいしい季節となりました。加える具材って、ついついマンネリになりがちですが、(1)いつもと違う、(2)手頃感あり、(3)もちろんおいしい、(4)しかも美容に良し、と4拍子そろったら最高ですよね。

そんな都合の良いアイテムがないものか探していたところ、ハイ、ひらめきました!

その食材とは、「乾燥カットわかめ」。えっ、みそ汁用の? と驚くかもしれませんが、実はいつもの鍋をおいしくしてくれる魔法のアイテムなんです。今回はその「カットわかめ」の魅力と、おいしい鍋活用術をご紹介したいと思います。

◆美容・ダイエットには必須の栄養素がいっぱい

そもそも「カットわかめ」とは、湯通しして塩で漬け込んだわかめを食べやすいサイズにカットして乾燥させたもの。余計な添加物は使われておらず、水で戻すだけで塩分が抜かれて10~12倍の重量に増えるため、食べたい分だけ戻して気軽に使うことができます。

金額は1袋100円台~300円台。肝心な「味」は、乾燥技術が進化しているおかげで香り・食感ともに生わかめに近いレベルになりつつあります。

そして「栄養面」についてですが、一言で言うならば、女性が不足しがちな「食物繊維」・「鉄」・「カルシウム」をバランスよく含むということ。同じくダイエットに良さそうなヘルシー食材『しめじ』や『のり』と比較しても、その含有量は大変優秀です。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=787354

しめじ(小)1袋や焼きのり(全型)1枚を食べるって意外と大変ですが、わかめは汁物やサラダなどに加える習慣さえ付いてしまえば、無理なく取り入れられる食材。

しかも今回ご紹介する「鍋に加える」というアイディアは、知らず知らずのうちにわかめをたっぷり食べられるため、ダイエット対策としてもオススメなんです。

それでは具体的な活用法をご紹介しましょう。

◆使い方は超カンタン!水で戻してたっぷり加えるだけ

実は難しいレシピは一切不要で、いつもの鍋に水で戻したカットわかめをたっぷり加えるだけなんです。例えば、和風の豚バラ白菜鍋の主役にしてみたのがコチラ。

※乾燥状態のまま加えないよう注意! 塩抜きをするために水戻しは必須です。

豚バラ肉との相性はバツグンで、一緒に食べると旨味もアップ。また、海藻ならではのコリコリぷるぷるとした食感は、野菜やキノコにはない独特の味わいです。

さらに少し煮込めば、とろーりとやわらかく変化、スープにとろみ・旨味が溶け出して最高においしいスープが楽しめます。どんな鍋に合わせるか? ですが、「豆乳鍋」や「キムチ鍋」はもちろんのこと、洋風の「トマト鍋」にもバッチリ。カロリーが気になる「クリーミー系・チーズ系」のヘルシー度を高めてくれるでしょう。

さあ一度お試しください!

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>

【スギ アカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。@akatsukinohana


外部リンク(女子SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス