最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スターバックスも提案する「サード・プレイス」は普及しない。「旗振り役」が不足している<魂が燃えるビジネス>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第27回

スターバックスは「サード・プレイス」をコンセプトとしています。家庭でもなく職場でもない第三の場所、不特定多数が集まって交流するイギリスのパブやフランスのカフェのような存在です。

サード・プレイスは注目されるようになって久しいですが、現実を見るとコンセプト通りには普及していません。カフェといえばサルトル、ボーヴォワール、ピカソなどが通った「カフェ・ド・フロール」のような文化人の社交場がイメージされます。しかし私たちがスタバにそうした文化的な意図をもって集まっているとは言い切れないでしょう。

男はPCとにらめっこ、女子は新ドリンクをインスタに投稿。そのサマを「意識高い系」「オサレ」などと揶揄されているのが実際です。こうした状態になるのはお店が悪いわけでも、お客が悪いわけでもありません。必要性が認識されているにも関わらず、それが実行されていないならば、そこには構造的な原因があります。

では、その原因とはなんでしょう。私たちのライフスタイルが多様化し、昔のように会社にすべてを委ねているわけでもないのに、自宅と勤務先以外に訪れる場所をなかなか見出せずにいるのはなぜでしょう。それは「旗振り役」が不足しているからです。

私はコーチングを生業にしていますが、1日のセッションで10万円を頂く場合もあります。普通に考えて安い金額ではありません。それでも依頼があるのは、単に私のロジックやノウハウを求めているからでしょうか? クライアントさんに直接お聞きしたことがありますが、「話している内容はなんでもよくて、佐々木さんそのものが自分のヒントになると思っている」という答えをいただきました。

人間は人間を目当てにして集まります。「第三の場所」といったテーマの場合は特にそうです。大安売りのような「物目当て」でも、ネットビジネスのような「仕組み目当て」でもありません。

だからそ「ここは第三の場所です」という提案を、私たちは持て余してしまいます。これはスタバに限りません。私たちは「情報発信者とその受信者」「教える側と教わる側」「話すほうと聞くほう」といった関係に慣れすぎてしまっています。一方的に与えられる関係が実に退屈で、ネットでも現実でも積もり積もった不満が今にも爆発しそうな空気が充満しているのを感じない人はいないでしょう。

単に情報を受信するだけならば場所は必要ありません。テクノロジーやネットワークはそれくらい発達しています。場所が必要なのは、言論にしろ身体表現にしろ、集まった人々が発信者になるためです。

これから求められる旗振り役はこれまでの一方的な関係を払拭しています。「これが正解です」と高い所から垂れ流すだけでなく、相手に行動を喚起させます。また実際に人が行動を起こすのは、「この人がそこまで言うならついていこう」と考えるからです。

「私はこういう世界を見ている。それは関わる人みんなを幸せにするビジョンだ。だから一緒に何か始めないか」

そんなメッセージをあなたはこれまで何回見かけたことがあるでしょうか。おそらくほとんどないと思います。それが旗振り役の不足を示す何よりの証拠です。そして「供給<需要」のバランスに、ビジネスチャンスがあるのはご存知の通りです。その始まりは、いまこの記事を読んでいるあなたかもしれません。

もちろん旗振り役と言ってもその人が求める度合いにより、展開するスケールは様々です。本業の人もいれば、副業の人もいるでしょう。自前でWEBサイトを用意したりオンラインサロンのプラットフォームを利用する人もいれば、無料ブログやツイッターで気軽に始める人もいるでしょう。それぞれの個性や感性が作用するだけで、規模感に正誤や優劣はありません。

もしあなたが何かビジネスを始めるつもりならば、自分の周囲が人々の集まる溜まり場になっているイメージを持ちましょう。世のため人のためになるビジネスはいつだって人間を対象にしています。モノでも、コトでも、場所でも、数字でもありません。

【佐々木】

コーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿る」


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス