最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

コロンビア戦、宿が足りない?サッカーW杯 日本の相手決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 サッカーW杯ロシア大会の1次リーグで、日本の対戦相手がコロンビア、セネガル、ポーランドに決定。早くも応援ツアーに注目が集まるが、ロシア旅行を扱う代理店は、コロンビアと初戦が行われるサランスクでホテルが不足する可能性を指摘した。

 日本代表の試合会場は6月19日コロンビア戦がサランスク、24日セネガル戦がエカテリンブルク、28日ポーランド戦がボルゴグラードの3都市。初戦のサランスクは人口約30万人と3都市の中では最少で、観光地としてもメジャーではない。日本からのツアーにはほとんど組み込まれることがなく、「ロシア旅行社」の担当者は「ホテルが足らなくなり、値段が3倍前後に上がるのでは」と予想する。首都モスクワからは南東方向に約530キロ。モスクワを拠点とし、所要10時間超の夜行列車で移動する人が多くなる可能性があるという。

 対戦国決定直後からネット上には「とりあえずサランスクの宿だけは確保した」などの書き込みが見られた。

 エカテリンブルクとボルゴグラードについて、同社は「歴史的な町で観光客も多い。ホテルが不足することはないだろう」と話した。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス