最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

お酒が「大好きな人」vs「全く飲めない人」付き合うならどっち? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お酒は飲んでも飲まれるな」あ、どうも、中村愛で~す。

(©ニュースサイトしらべぇ)

年末に差し掛かってくると、お付き合いでお酒を飲むことが多いですよね…。

でも、お酒が大好きで、飲みまくっている人って、周りから異性としてどう思われているか、気になりませんか? 一方で、パートナーが全く飲まないと、ちょっと寂しい気もしてきます。

結局、どっちがモテるんでしょう?

■お酒を「飲みまくる人」vs「飲まない人」


ここで、究極の選択! もし付き合うなら「お酒を飲みまくる人」と「お酒を全く飲まない人」どちらを選ぶでしょうか?

しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,348名を対象に調査を実施しました。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「付き合うなら全く飲まない人が良い」と答えた人が多数派に。また、男女別でも割合は大きく変わりません。

飲まない人が良いと思う理由を聞いてみました。

・自分が全く飲めないので、相手も飲めない人が良い。(30代女性・不動産管理)

・飲みまくる人は、休みはお昼から飲んでいそうだし、居酒屋デートばかりしそうだから。普通のデートがしたい。(20代女性・ケーキ屋勤務)

・自分より強い人よりも、全く飲めない女性がかわいいと思うから。(20代男性・クリエイター)

・彼女がベロベロに酔っている姿は見たくない! 悪酔いしていたら、嫌いになってしまいそうだから。(30代男性・会社経営)

女性は“自分のペースと合わせてほしい”、男性は“酔っているところをあまり見たくない”が理由になるとわかりました。

でも、酒飲みのアナタ! ご安心を。だって、これらの話は過度にお酒を摂取したときの話。

適量であれば、お酒は「ふたりの距離を近付けるプラスの効果」があるかもしれないんです。

■お酒によるプラスの効果

その1:すぐに打ち解けることができ、恋愛に発展しやすくなる!?
お酒を飲むと、自然と素が出てしまいます。ふたりの知られざる相性も、飲まない人同士なら数回デートを重ねるところを、お酒を交わせば数時間でわかるかもしれません?
その2:魅力的に見え、惚れてもらいやすくなる!?
お酒(ビール)を飲むほど異性に対する評価が寛大になり、シラフの状態よりも魅力的に見える現象を「ビール・ゴーグル効果」と呼びます。

ちなみに、ほろ酔いの時がもっとも効果を発揮するようなので、酔わせすぎにはご注意を。
その3:リラックスして性的欲求が高まる!?
お酒を飲んで、ストレスの発散や解消ができる人は多いですよね。ということは、リラックスして性的欲求も高まるなんてことも。

お酒を飲み過ぎる人は恋愛対象外になるけども、少量でほろ酔い程度なら良いことがたくさんありそう。

もし、相手がいなければ「忘年会という名の合コン」でゲットしてみては?

お酒を飲む人も、飲まない人も、数字で出来ている。

・合わせて読みたい→上品より「少し下品」な女子が好かれる? ちょうどいい下品を探る

(文/ゲスドル・中村愛

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス