最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

8歳女児、母親のジープを盗んで幹線道路へ パトカーとカーチェイス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車社会のアメリカでは、どこに出かけるにせよ子供は親の車に乗せてもらうしか方法はない。子供たちは常に「早く自分も車を運転し、自分の行きたいところに自由に出かけたい」と思いながら成長する。さらにアクション映画やドラマでは、子供が車のハンドルを握り幹線道路へ…という刺激的なシーンがまれに登場する。やはりこの手の事件はアメリカやドイツの田舎町、完全に車社会という土地で起きてしまうようだ。インディアナ州のある町からまた新たな話題が飛びこんできた。

事件を起こしたのは、インディアナポリスの北東に位置する米インディアナ州アンダーソンに暮らす8歳の少女(氏名などは明らかにされず)。先月24日、母親とともに買い物に出かけた先で少女は母親の目を盗んでジープのエンジンをかけ、ハンドルを握って1人で幹線道路へ繰り出したという。

車がないことに気づいた母親がすぐに911番通報し、これにより州警察、アンダーソン警察、ラペル警察など付近一帯をパトロール中の隊員に捜索の指示が出された。すると国道32号線を時速60km超で走行する該当の車を発見。パトカーはただちに車を停止させるよう命じたが運転手はこれを無視し、追い越してみたところハンドルを握っているのは被害者の娘とみられる女児であることが確認された。カーチェイスにおける最高時速は64kmを記録したという。

パトカーから出された指示に少女は耳を貸さず、各警察のパトカーに前後左右を封じ込められるとさらに彼らの車にぶつけるなど抵抗を続けた。しかしその後、ジープはアンダーソンの西に位置するラペルのコンビニエンスストア「Ricker’s」前に追い込まれて停止。車から降りようとしない少女に警察官はやむなくジープの窓を叩き壊し、そこから引っぱり出された際に少女は割れたガラスで軽傷を負った。

無資格、無免許での車の危険運転、公務執行妨害などは本来であれば複数の罪状で起訴されるところである。8歳児という理由だけでこの事件を「厳重注意」で片付けてよいものか、また車の管理やわが子に対する監視の甘さも含めて母親にも何らかの処罰が必要なものか、議論が続いているもようだ。

画像は『FOX59 2017年11月27日付「Anderson police arrest 8-year-old girl accused of leading officers on cross-county chase」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス