最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アジカン、RADWIMPS 、Dragon Ashなど豪華アーティストが、ACIDMAN20周年をお祝い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月30日(木)に放送されたTOKYO FMの番組「FESTIVAL OUT」。この日は、11月23日(木・祝)にさいたまスーパーアリーナで行われた「ACIDMAN presents『SAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”』」のライブ音源をお届け。パーソナリティにTOKYO FM「RADIO DRAGON -NEXT-」でパーソナリティを務める菅野結以を迎え、大抜卓人の2人でお送りしました。

ACIDMANのメンバーは、ボーカル・ギターの大木伸夫さん、ベースの佐藤雅俊さん、ドラムの浦山一悟さんの3名。1997年に結成され、20年の時を経て生まれ故郷である埼玉で、ロックフェスティバルの開催が実現しました。出演者はACIDMANを含め全部で10組。10-FEET、MAN WITH A MISSION、THE BACK HORN、ASIAN KUNG-FU GENERATION、the HIATUS、BRAHMAN、RADWIMPS、Dragon Ash、STRAIGHTENERという豪華なメンバーがACIDMANの20周年を盛大にお祝いしました。番組では出演アーティストたちのSAIへの意気込みや、ACIDMANへの思いを語ったコメントもオンエア。その一部を紹介します。


ACIDMANの大木伸夫さん(左)と、パーソナリティの大抜卓人

【10-FEETのコメント】
「ACIDMANとはそんなに昔からの付き合いというわけでもないのに、本当に仲良くて気が合いますね。彼らも僕らのこと大好きなんで! 今日の出演者の中で、僕らのことが多分一番好きなんじゃないですか(笑)」


10-FEETのNAOKIさん(左)、TAKUMAさん(中央右)、KOUICHIさん(右)と、パーソナリティの菅野結以

【MAN WITH A MISSIONのボーカル・ギター、Jean-Ken Johnnyさんのコメント】
「ACIDMANは、日本のロックシーンの中で、独自の路線を確固たる姿勢で打ち出し続けて、不動のものにされているバンドだなと。自分の音楽のルーツが詰まっています。いち音楽人として、こうありたいなと思わせてくれるお三方です」


MAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnnyさん(右)と、パーソナリティの菅野結以

【THE BACK HORNのコメント】
「ACIDMANはほぼ同期なんです。やっていることは違うけれど、プレイとか各々の楽器の絡み方とか、全てに気持ちが乗っている感じが共感できます。僕らは全身で汗をかいてという感じだけれど、根っこでは何か繋がるところがあるような気がして。一緒にライブをしたり話をしてみると、人間的にもすごくあたたかい人たちで、とても好きです」


THE BACK HORNの岡峰光舟さん(左)、菅波栄純さん(中央左)、山田将司 さん(中央右)、松田晋二さん(右)と、パーソナリティの菅野結以

【ASIAN KUNG-FU GENERATIONのコメント】
「同じ世代の中では最初にブレイクしたイメージがあります。ACIDMANはライブハウスとかでも人気があったし、憧れというか。うらやましいな、というのはありました。同世代でACIDMANが第一線で頑張ってくれているので、僕らも負けないようにしたい。僕らが主催する『NANO-MUGEN FES.』にも初期の頃に出てくれているので、これで恩返しができたかなと思います」


ASIAN KUNG-FU GENERATIONの山田貴洋さん(左)、後藤正文さん(中央左)、伊地知潔さん(中央右)、喜多建介さん(右)と、パーソナリティの菅野結以

【BRAHMANのボーカル、TOSHI-LOWさんのコメント】
「僕たちの20周年イベントのときに、即答で『出ます』といってくれた男気に、まず感謝しています。それをすぐ返しかった。ACIDMANって不思議で、汗かいて何かを訴えているわけじゃないのに泥臭さを感じるというか。でも煌びやかで遠くにいる感じもするし。今日のライブでも思ったけど、大きく包み込める何かを持っているんだなと。宇宙のことと今日家でケンカしたことって実は一緒であり、マキシマムとミニマムをひとつにできる才能を持っているんだと思います」


BRAHMANのTOSHI-LOWさん(左)と、パーソナリティの大抜卓人

【Dragon AshのMAKOTO SAKURAIさん、BOTSさんのコメント】
「これだけのメンバーを、すぐに『いいよ、出るよ』って集められるほどの人望が厚いバンドはなかなかない。素晴らしいと思います。お客さんを含め、出演バンドは一緒にお祝いしたい気持ちでいっぱいだと思う。尊敬しますし、今後もまた呼んでもらって、刺激し合っていきたいですね」


Dragon AshのMAKOTO SAKURAIさん(左)、BOTSさん(右)と、パーソナリティの菅野結以

【the HIATUSの細美武士さんと、STRAIGHTENERのホリエアツシさんのコメント】
細美「ACIDMANは曲もいいし声もいい。他にはない音楽を、ちゃんとやっているというのがすごいと思います。“ポップで、ここにはサビ”という、わかりやすい音楽が好まれがちだけど、あえて難解なことにチャレンジしていく姿勢。限界を広げる活動をずっとやり続けているところが好きです」

ホリエ「今日の出番は、トリであるACIDMANの前で、『ここオレたちかな? Dragon Ashとかじゃないのかな?』と思って緊張しているんですけど(笑)。背負わされています(笑)。でも嬉しかったです。(ACIDMANの大木さんに)『側にいてほしい』といわれて……。ACIDMANはとにかく器がデカい。誰に対しても変わらないしフラットだし、そこも魅力かなと思います」


STRAIGHTENERのホリエアツシさん(左)、the HIATUSの細美武士さん(中央)と、パーソナリティの大抜卓人

多くのファンやアーティストに愛され、20周年を迎えたACIDMAN。番組では豪華なゲストと、もちろんACIDMANのライブ音源もオンエア。当日参加した人はあの興奮をもう一度味わえる、そして行けなかった人もフェスの熱を感じることができる放送となりました。

また、番組では“SAI”全出演バンドのサインが入ったポスターを1名様にプレゼントします! 番組公式 Twitter(@FESTIVALOUT)をフォローして、キャンペーンツイートをリツイートでエントリー完了です。当選者には後日DMをお送りします。※応募締切:12月14日(木)24時


超絶貴重なサインポスターをプレゼント!

なお、「radikoタイムフリー」でこの放送を視聴可能です(1週間限定)。ライブの熱気をぜひ体感してみてください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2017年12月8日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:FESTIVAL OUT
放送日時:毎週木曜 20:00~20:55
パーソナリティ:大抜卓人
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/fo/
番組Twitter:@FESTIVALOUT
番組ハッシュタグ:#FESTIVALOUT

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス