最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

小説家としても活躍の紗倉まなが初のCM監督に挑戦 「書くことで武装する感覚」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(©ニュースサイトしらべぇ)

紗倉まな、といえば今日本を代表するセクシー女優であると同時に、小説家として『凹凸』『最低。』といった作品も発表。

『最低。』は、瀬々敬久監督によって映画化され、今年の東京国際映画祭コンペ部門にも正式出品された。

マルチな才能を魅せる紗倉が、今度は「初めてCM作品を演出した」ということで、しらべぇ取材班も直接話を聞いた。

■最初は出演オファーだったが


(©ニュースサイトしらべぇ)

今回、紗倉が監督を務めたのは、耳につけるコミュニケーションデバイス『BONX』のCM。はじめは、監督ではなく出演のオファーだったという。

紗倉:BONXさんから、「新しいCMをつくりたいと思ってるが、よかったら紗倉さん、どうですか?」とお話をいたいだいて。最初は、出演のご相談だったんです。でも私、AVに出るのは作品として好きなんですけど、それ以外の映像で演技するのは苦手で…。

本当はつくったり考えたりする作業のほうが、自分の気質的には向いているので、「出演かぁ…」と引っかかってたら、企画するのもアリと言っていただいて「それはいいな!」と。

■初監督はわからないことばかり


通常のCM制作は、企画を考えるプランナーと、映像を演出するディレクターが分かれている。今回の作品で紗倉は、その両方にチャレンジした。

紗倉:映画『最低。』も、クランクインの日だけお邪魔してチラ見したレベルで、映像化にあたってそれ以上関わることはなかったので、映像の演出って何から取り組んだらいいのかわからないくらいの初挑戦だったんです。

最初は、「企画を考えるのが監督なのかな?」って思っていたら、現場で「よーい、スタート!」ってやるのも監督だと言われて。それはたしかにそうだな、と思いました(笑)

企画は字コンテで書きました。AVでも文字の台本に慣れていますし小説も書いているので、字コンテを書くのは楽しかったですね。それを助監督の方に描き起こしてもらった絵コンテが、こちらです。書いた脚本を絵で見た瞬間、「かわいいな、これは大丈夫だ」って思いました。

(©ニュースサイトしらべぇ)

■監督の仕事で楽しかったのは…


(©ニュースサイトしらべぇ)

初めての映像監督、楽しかったことについても聞いてみた。

紗倉:現場の雰囲気も楽しかったけど、企画を考えるのが、いちばんやりたかったことで楽しかったです。今回の話も、もし企画がすでに決まっていて、それを演出するだけだったら何もできなかったと思う。

どういう映像をつくるか、登場人物は誰か、どんな会話をするか…物語に近いものがあるじゃないですか。それがあるから楽しめました。

AVの撮影では、いつも演出家に「こう演技してください」って言われて、それを体現してきたので、「こういう言い方で指示をされるとわかりにくいな」ということはわかります。自分が演技としてアウトプットしやすかった状況を思い出して、演出をつけるよう意識しました。

演じてくださった方々がすごく柔軟に受け入れてくれて、「こういう演技はどうですか?」って提案してくれたりもしたいので、助けてもらうことも多かったです。

■監督業のすごさも実感


(©ニュースサイトしらべぇ)

普段は出演もしくは脚本の仕事が多い紗倉。今回体験した「監督」という仕事について聞いてみると…

紗倉:ほんと私はへっぽこぴーなので、撮影現場の大変さとか専門用語とか、慣れないことばかりで。現場で臨機応変に対応したり、たくさんの人たちを指揮してる監督さんってマジすごいんだな…というのが結論でした。

企画すること自体は楽しいですが、作品は一人でできるものではありません。一緒に何かを作り上げるのって、根気が必要ですよね。

脚本が平面図だとすると、演出は奥行きをつけるような作業。機会があったら演出もまたやりたいですが、今は脚本みたいな平面的なことのほうが楽しいかもしれません。

■「書き物」で武装する


(©ニュースサイトしらべぇ)

紗倉が今回のCM企画・演出で気づいたことは、企画を言葉にすることの魅力だという。

紗倉:私は本当に、ただ自分がコミュニケーション能力がなさすぎて、どうしたら伝わるのか模索した結果が「書き物」だったんです。CM演出も思いもしなかったことですが、「続けていく中に新しい表現があるのかな」って思います。

「書くことを続けたい」という思いが強くて、かなり自分の核となってる部分かな。根暗で、外に出ると人とうまく話せないので、文面を通してしか会話できない部分があるんです。「書き物で武装していく」みたいな。

たとえば、私が短編小説を書いて、それをショートフィルムとしていろんな監督に撮ってもらうとか、イラストの形にしてもらうとか…やってみたいことが拡がりますね。

■コンセプトは「世界平和」


企画から編集まで3ヶ月をかけたという力作。セクシー女優による監督作品ながら、エロ要素は一切なしで「世界平和がコンセプト」という映像をぜひ見てみよう。

・合わせて読みたい→留学資金を貯めるため? 半年限定でデビューした新人セクシー女優・望月あられに直撃

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス