最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

健太郎、映画初主演作『デメキン』に全霊を注ぐ 「役を生きたい」気持ち強く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「台本をいただいて開いたときに、一番最初に健太郎と載っていて。うれしくて写メを撮っちゃいました」と興奮気味に明かす健太郎。俳優デビューから3年での映画初主演作となった、バッドボーイズの佐田正樹原作の小説、コミックを映画化した『デメキン』で、髪を赤く染め、暴走族の総長になる主人公・正樹を熱演した。

【関連】健太郎、『デメキン』インタビューフォトギャラリー

もともとモデルとして活動していた健太郎は、俳優になるとは思っていなかったという。しかし初仕事となったドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』でいきなり注目を浴びることに。「自分がドラマに出ているという実感があまりなくて。今では自分の出ている作品を客観的に観るのは難しいですが、当時はまだできていました」。

翌年には、『俺物語!!』でスクリーンデビュー。気持ちも変化していった。「映画館の大きなスクリーンで自分を観たときには『おお!』っとなりました。もともと映画好きなのですが、今まで観ていたスクリーンの中に自分がいて動いている。仲間入りできた気がして感動しました」。

ドラマに映画に、経験を糧にしてきた。先輩からの言葉も心に残っている。「『仰げば尊し』というドラマに出たときに、寺尾聰さんから、『どれだけ歳が離れていても、キャリアが違っても、カメラの前に立ったら、よーい、どん! でみんな一緒。同じ土俵でぶつかる。こんな仕事そうそうない』と言われたんです。いい意味で気持ちが楽になりました。ガチガチに緊張しなくなったというか。先輩たちを尊敬するのは当たり前ですが、同じ土俵に立っているんだという意識を持てるようになりました」。

そして今、主演としてスクリーンの真ん中に立つ。当然、プレッシャーもあったが、本読みの初日には「自分についてきてください!」と宣言し、率先して現場を引っ張っていった。「まずはこの作品を自分が一番楽しもうという心持ちで臨みました。作品によってアプローチ法は違うと思いますが、『デメキン』で主演させていただくにあたっては、自分が楽しむことが、みんなの士気を高めることになると思ったんです」。

クランクアップの際には仲間たちから胴上げされた。「同じ日にクライマックスの撮影をして、それからラストシーンを撮ってクランクアップでした。急にみんなが集まってきて、胴上げしてくれたんです。そんなことは初めてでしたし、胴上げのあとに、親友の厚成を演じてくれた山田裕貴さんが来て『サイコーの座長だった、最高だったよ』って、耳元でぼそっと。今それを言うのか、ずるいなって(苦笑)。その瞬間、いろいろな思いが込みあげてきて、泣いちゃいました」。

撮影後は「燃え尽きました。『デメキン』ロスになりましたね」と笑う。しかし休んでいる暇はない。今年は5本の映画(前後篇もの含む)と3本のドラマに出演。「『デメキン』で考え方が変わりましたし、別の作品でも、役を生きたいという気持ちが強くなりました」と前を見据える。

全霊をかけた『デメキン』は熱い青春ドラマに。クレジットのバックで流れる正樹と厚成のタンデムショットが余韻を残す。「最後、本当はセリフもあったんですが、何を言ったらいいか分からない気持ちに襲われて。気づいたら、厚成とふたりで『わ~!』って叫んでいたんです」。そこにはまさしく、自分に、相手にまっすぐな正樹がいた。(取材・文・写真:望月ふみ)

映画『デメキン』は12月2日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス