最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

本郷奏多、山田涼介が好きすぎて本人困らせる「顔もカワイイ」「“山田きゅん命”です」<鋼の錬金術師>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【山田涼介・本郷奏多/モデルプレス=12月2日】Hey! Say! JUMPの山田涼介と、俳優の本郷奏多が2日、都内で行われた映画「鋼の錬金術師」公開記念舞台挨拶に、本田翼ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、内山信二、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子、曽利文彦監督らと出席した。

この日、作品にちなんで「これがないと生きていけない」という“〇〇命”をキャスト陣が発表。

「僕、“山田きゅん命”です」と語りだした本郷は、ほかの登壇者が不思議がる中で「山田きゅん、元々顔もカワイイので好きだったんですけど」とサラッと告白。会場がざわつき、山田自身も「そんな感じだったっけ?」と困惑していたが、本郷は「純粋にキレイな造形物として好きだったけど、今回お芝居を見てさらに好きになった」と冷静だった。

さらに、本郷は「素敵なエピソードがあって…」と、自身の誕生日に行われた同作のジャパン・プレミアでのエピソードを紹介。「帰ろうとしたら、実にスマートなタイミングで山田君が『奏多くん、これ』ってプレゼントをくれたんです。その瞬間きゅーんってきて、そこからさらに好きになりました。スマートすぎる、かっこよすぎる。だから“山田きゅん命”」と興奮気味に山田との思い出を話した。

◆水石亜飛夢も登場



全世界シリーズ累計発行部数7000万部超のベストセラーとなった荒川弘氏のコミックを原作に、幼日に最愛の母親を亡くした兄エド(山田涼介)と弟アル(声:水石亜飛夢)の波乱に満ちた旅と成長を描いた同作。

イベントでは、アルのスタンドインとしてほぼすべての撮影現場を山田と行動し、結果アル役の声優となった水石がサプライズも登場。荒川氏からコメントとともに届いた直筆生原稿を水石から受け取った山田は「すげ~。家宝にします」と大喜びだった。(modelpress編集部)

■荒川弘氏コメント全文



メディアミックスを色々経験してきた鋼の錬金術師ですが、このたびなんと実写映画を作っていただきました。

また新しい鋼が見られる事が単純に嬉しいです!ありがとうございます!

脚本は原作の中のターニングポイントとなるエピソードをこれでもかというくらい凝縮して詰め込んで、それをまた濃い役者さん達に演じていただきました。

二時間ちょっとの尺の中で息つく間もなく翻弄されるエリック兄弟達を応援したり心配したり…

あ、大佐は心配してないです。今回、大佐は強すぎてかっこよすぎです。

とにかく役者さん達の熱演好演怪演が楽しかったので、このあと皆さんが出演されている他の映画も見て貢献せねばと思いました。

まずは探偵はBARにいる3ですかね!あ、いや、これは他の配給会社か。

ライバルか。このコメントカットされるかな(笑)。

また、撮影スタッフさんで「鋼読んでました」「アニメ見てました!」と言う方が非常に多くて驚きました。

昔読者さんだった少年少女達が大人になり、今こうして新たな鋼を作り上げ私の前に現れたかと思うと胸が熱くなります!

監督、キャストはもちろん、制作スタッフの皆様にもこの場をお借りしてお礼申し上ます。

ありがとうございました。

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス