最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

イケアの伸長式テーブル「INGATORP」がおススメな3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細かいことまで何でも気になるA型気質に、こだわりの強さがプラスされたちょっと厄介な家づくりマニアのこだわりAママです。
昨年、白を基調とした輸入住宅を建築しました。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)
フレンチカントリーでオシャレな家づくりを目指す普通の主婦が、実体験から学んだマイホーム建築に関するあれこれやインテリア、DIYなどの工夫をご紹介します!
家族が毎日食事をするダイニングテーブルは使用頻度が高く、LDKの中心となる重要な家具。
色やサイズや見た目など様々な点で納得した商品を選びたいですよね。
今回は筆者宅のダイニングテーブルを例に伸長式テーブルの魅力をご紹介させて頂きます。

■ダイニングテーブルは団らんの場。適切なサイズを選ぶことが大切!

Graphs / PIXTA(ピクスタ)
一般的に食器を並べて隣の人と肘があたらず食事をするのに必要なスペースは1人あたり幅60cm、奥行40cmといわれています。
長方形のダイニングテーブルの場合、120cm×80cmが4人で使用する最小限のサイズとなります。
狭い場所にもコンパクトに置けるので新婚家庭や子供が小さな家庭にはおススメのサイズですが、
大人4人が不自由なくゆったりと食事をするには幅135cmや150cmサイズがおススメです。
丸形のダイニングテーブルの場合、直径100~110cmあれば4人で不自由なく使用出来るサイズといえます。

■イケアの伸長式テーブル「INGATORP」がオススメな理由

まずサイズは以下の通りです。
高さ:74cm 直径:110cm(円形で使用時) 長さ:155cm(楕円形で使用時)。
価格は税込みで¥ 39,990。
オススメする理由は大きく分けて3つ。
1・円形の天板に1本脚なので椅子を自由に配置でき、座る人数を限定しない
2・天板に角がない為、小さな子供が居る家庭でも安心して使用でき、ダイニングの雰囲気を柔らかくしてくれる
3・ロックを外してテーブルの天板を左右に引っ張り、テーブル内部に収納されている天板を引き出すと
通常の円形から45cm長い楕円形のテーブルに形を変えることが可能。

伸長用の天板がテーブル内に隠れているので、収納場所に困らないのも嬉しいポイントです!

天板を引き出したら左右の天板を戻して隙間が無いようにぴったりくっつけるだけでOK!

所要時間約1分で円形から楕円形のテーブルに簡単にチェンジすることが出来ます!

■伸長式テーブルは来客やパーティーの際に威力を発揮!

4人家族の場合、日常生活では円形テーブルの大きさで十分です。
が、しかし、お客様が来られた時やパーティー料理を作った時などはお皿やコップでテーブルの上がいっぱいになってしまいがちです。
そんな時に伸長式テーブルなら天板を伸ばしてテーブルを大きく出来るので広々と使えて非常に便利です。
普段は出来るだけコンパクトなテーブルでダイニングの空間をゆったりと使用したい、
でもいざという時には大きなテーブルを使用したい、という方には伸長式テーブルがおススメですよ!

外部リンク(日刊Sumai)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス