最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

これだけは覚えておきたい! 「誠実な男性」の特徴&見抜き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛にしろ結婚を考えるにしろ、相手の「誠実さ」は外せません。

誠実さは男性に求めるものナンバーワン。でも「誠実さ」と言われても、抽象的でよくわかりませんよね。

そこで今回は、誠実な男性とはどんな特徴があるのか、誠実さとは何なのか、探ってみたいと思います。

■誠実な男性の特徴5つ

■公にしてくれる

“公(おおやけ)にする”とは、「あなたとの交際をみんなに公表する」ということ。彼の所属する団体やつながりのすべてに「付き合っている彼女がいます。この人です」と公表することです。

彼の家族への紹介はもちろん、職場、友人、サークル、SNSと全部です。公表していない場で女性を探そうとしたり、隠れた恋人がいるなど不誠実な男性もいますので、職場では公表しているのに、サークルではしていない……などないように。

■嘘が少ない

ちょくちょく小さな嘘をつき、しかもそれがばれるような嘘の場合。小さな嘘だから……と楽観視しないことです。

嘘はユーモアではありません。それは不誠実の証であり、そのうちに大きな嘘もつくという証拠です。小さかろうが大きかろうが、嘘をつく人間はそもそも信用できませんよね。

そういうことがない男性を選びましょう。

■浮気に興味を持たない

誠実な男性というと、真っ先に浮かぶのが“浮気をしない”です。

浮気性はもってのほかですが、浮気肯定派ではないかどうかも確認しましょう。芸能人の浮気話に対する反応でわかります。浮気肯定派は浮気性候補です。

誠実な人とは「浮気しない人」はもちろん、「浮気や不倫などのよこしまな恋に興味を持たない人」のことです。

■裏の部分が少ない

謎の多い人は、裏の部分があると思っていいでしょう。

謎とは、知らない部分や彼が教えてくれない部分、聞きにくい部分のこと。彼の過去をよく知らない、どんな交友関係があるのかわからない、ときどき連絡がつかなくなる……それは謎ではなく不安材料で、裏の部分かもしれません。

誰でも人格には多少のウラオモテはありますが、それが際立つ人は注意です。

謎が少なく、豹変せず、悪口を好まない。人によって態度を変えない人かどうかを見極めましょう。

■イヤだということをしない

浮気などの大きなもめごとの話ではなく、二人で取り決めしたことを反故にしないかどうかです。

たとえば「誕生日やイベントのときは二人で過ごす」などの決めごとを守らない、謎のドタキャンをするような人は不誠実です。

■「誠実であろうとする」男性を選ぼう

“誠実”は抽象的で難しいです。そもそもとことん誠実な人はわずかしかいませんが、せめて「誠実であろうとする」男性を見極めましょう。

男性からすれば、誠実のイメージは「馬鹿正直でつまらない男」なので、褒め言葉とは取らないかもしれません。

ほかの男性が同席する恋愛トークでは「誠実だね」と言われたくない場合もあるので、必要以上に人前で「誠実だね」と褒めたりしないことです。

そうはいっても、男性は「いいな」と思う女性と一対一になったときは誠実アピールをしたいもの。

  • まじめな恋愛について語る
  • 自分はこんなに常識人だと言う
  • 彼女だけに優しくする
  • 浮気はしないタイプ・恋人を大切にするタイプだと宣言する
以上の点から見抜けるでしょう。

いかがでしたか?

「誠実さ」とは彼女を大切に扱ってくれるということ。ですから、公にしてくれない人は大切に扱ってくれないということです。同じく、謎のある男性や裏がある男性もそうですので、避けたほうが賢明。

また、浮気に興味のある人や不倫を軽く考えている人は避けるべきです。

ぜひとも、以上のポイントを見極めて、誠実な男性をゲットしてくださいね。


外部リンク(ウレぴあ総研)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス