最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

カズレーザーに「弟子入り志願ドッキリ」のはずが本物の師弟に 有吉「巨人師匠に見習わせたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日放送『金曜ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、メイプル超合金カズレーザー(33)に「弟子入り志願したらどうなるか」、ドッキリ企画で1年にわたって検証。

ところが、ドッキリの枠を超えた「本物の師弟関係」が誕生し、視聴者から賞賛の声が相次いでいる。

(画像はカズレーザーInstagramからのスクリーンショット)

■ドッキリのはずが…


2017年1月、事務所から出てきたカズレーザーに、元々ファンだったアマチュア芸人・フランスピアノ中川諒(25)が仕掛け人となり弟子入り志願。

その場で、事務所に招き入れ話を聞きながら、「別に教えることないですもんね」と悩むカズレーザーに中川が「雑用でもなんでもやる」と嘆願。

カズレーザーは「勉強中の歴代総理大臣をまとめてほしい」「自分が好きなSF小説を読んで感想を聞かせて」と中川に頼み、あっという間に師弟関係が始まる。

その日の夜には、カズレーザーから食事に誘うなど、交友を深めていった。

■そして本物の師弟に


「発想がスゴイのはクリエーター。発想が乏しいから芸人をやっている」「ネタを書くのが一番売れやすい。毎日ネタを作る。使ってないネタは1000本以上ある」など、カズレーザーは中川に自身の芸人論を伝える。

番組が別企画で忙しくなり、その後の動向を放置していた間も、ドッキリと知らないカズレーザーと中川、2人の関係は続く。

中川の出演番組を自分で調べてチェック、「面白かった」とメール。ネタの感想を聞かれると、多忙な仕事の合間に何度もネタを確認、文字起こしまでして熱心にアドバイスをおくる。

残念ながら賞レースで敗退した中川に「力になれず、すみませんでした」と頭を下げ、終電を逃せば自宅に泊めるなど、本物の師弟関係が築き上げられていった。

■有吉も嫉妬する理想の師弟関係


約1年間に及ぶドッキリだが、中川は「企画が終わっても、今みたいな関係でいたい」、弟子を続けたいと明かす。カズレーザーも「僕には何の負担もない。仲の良い後輩がいるだけ」と中川を受け入れ、今後も師弟関係を続ける意思を示した。

かつてオール阪神・巨人の巨人に弟子入りしていた有吉弘行(43)も、「良い関係だな、巨人師匠に見習ってほしい」と愚痴るほど、理想の師弟関係を築いたカズレーザーに視聴者からも賞賛が起きている。













ドッキリと知った後も、最初から最後まで一貫して「本当の弟子」として扱ったカズレーザーの姿は、ファンの心を射抜いたようだ。

■「尊敬できる上司がいる」のは約3割


しらべぇ編集部で、全国20~60代の男女1,400名に「尊敬できる上司がいる・いた」か調査、全体の32.2%が「いる・いた」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

タクシー運転手に横柄な態度をとる人も多い中で礼儀正しく接し、お金に困っている先輩がいれば理由も聞かずお金を貸すなど、「人間としての魅力」も高い評価を受けるカズレーザー。

今回のドッキリで、さらにその魅力が多くの視聴者に伝わったに違いない。

・合わせて読みたい→ファンレターの連絡先に即返信!カズレーザー驚きの恋愛事情が判明

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1400名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス