最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

バットマンが戦国時代にタイムスリップ!第六天魔王・ジョーカーと激突『ニンジャバットマン』が2018年に始動 神風動画がアニメ制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月1日、千葉・幕張メッセで開催された『東京コミコン2017』にて、ワーナー・ブラザースとDCコミックスの新プロジェクト『ニンジャバットマン』の日本向け制作発表会が行われた。イベントには、水﨑淳平監督、脚本を担当した中島かずき氏、キャラクターデザイン・岡崎能士氏ら制作陣のほか、スペシャルゲストとして、叶姉妹こと叶恭子と美香が登壇。さらに、予告映像も解禁されている。

『ニンジャバットマン』は、『ワンダーウーマン』、『ジャスティス・リーグ』などのワーナー・ブラザースとDCコミックスが世に送り出す新プロジェクト。悪と戦い続ける孤高のヒーロー“バットマン”の最新作だ。1939年にアメリカンコミックとして登場して以来、コミック、アニメ、映画など様々なフィールドで親しまれてきたバットマン。『ニンジャバットマン』はその中でも異色の設定で制作された作品。同作では、バットマンがアーカム精神病院にヴィラン(敵)が集結した事を突き止めるが、謎の装置が発する光に飲み込まれ、ゴッサムシティから戦国時代の日本にタイムスリップ。“第六天魔王”ジョーカーをはじめ、大名たちと入れ替わったヴィランたちと死闘を繰り広げる奇抜な物語が展開する。2017年10月5日に開催された『ニューヨーク・コミコン』でプロジェクト発表が行われて注目を集めた同プロジェクトは、2018年にスタートする。
BATMAN and all related characters and elements (C) & ™ DC Comics. (C) 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.
BATMAN and all related characters and elements (C) & ™ DC Comics. (C) 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.

制作発表がスタートすると水﨑監督、脚本家の中島氏、キャラクターデザインの岡崎氏が、国内外から集まったファンから大きな拍手を受けながら登場。水﨑監督が日本版のメインビジュアルを発表すると、客席からはさらに大きな拍手が巻き起こった。ステージでは、ニューヨーク・コミコンでの様子がスクリーンに映し出される。水﨑監督は、バットマンがこれまでのイメージとは異なることから、「ファンに怒られるんじゃないか」、「無事に帰れるんだろうか?」と不安に思っていたことを明かしつつ、熱い声援をもらい安心したという。そのほか、3人でのサイン会やインタビューを受けた様子も和やかな雰囲気で語った。


また、ニューヨーク・コミコンでトレーラーを解禁した時の様子を見ていた三人は、日米の反応の違いについてもコメント。脚本の中島氏は「ここで驚くだろうというところで全然反応がなくて(笑)」とファンの感覚の違いを明かす。すると水﨑監督も「キャラクターへの思い入れが違うのかも。ロビンが出てくると盛り上がっててびっくりだよね」と、しみじみと語っていた。

そして、満を持して日本版のトレーラーを公開。ニューヨーク・コミコン発表時とも異なる映像を含む映像に観客は見入り、上映が終わると拍手が鳴り響く。ここで、バットマンが戦国時代に初めてタイムスリップし、ジョーカーを始めとした悪党たちが戦国大名と入れ替わり、歴史を変えようとしているという設定が明かされた。


中島氏は、同作の奇抜な設定について、「プロットを出した時にダメだと言われると思っていたら、すんなり通っちゃったんだよね」と明かす。子どものころからバットマンのファンだという岡崎氏は、「今回のバットマンと戦国時代という組み合わせは、キャラクターをいくらでもアレンジできちゃう。だけど、一人のファンとして、世界中の誰もがパッと見てバットマンだとわかるようにアレンジした」とキャラクターデザインのこだわりを語っている。水﨑監督は「監督というのは、2人のバトンを最後に受け取ったアンカーなんです。中島さんの話の面白さと、岡崎さんのこだわりを受け取って詰め込んだうえで、画面の納め方にもこだわりました。アメリカよりも日本のほうがまだまだバットマンの認知度が低いので、アップのカットでも必ずバットマンの耳が映るようにしたり。みんながバットマンを好きになってもらえるように作りました」と語り、三者三様のこだわりを見せていた。

さらに、スペシャルゲストの叶姉妹は、バットマン=ブルース・ウェインと同じセレブの豪華なドレスで登場。二人は着物をコンセプトとし、それぞれシルバーとピンクに輝くセクシーなドレスを身にまとって優雅に登壇。姉の恭子は、ドレスの上に、鎧や打掛のようなイメージのコートも羽織っており、司会はコートが約8,000万円のものであることを明かす。する妹の美香からは「ちょっとジョーカーテイストですよね」というツッコミも。

もうすでに本編を見たという二人は、「今までのバットマンと違う」と見た瞬間の感触を明かす。「いろんなキャラクターが集合していて、なんでこうなるの?とツッコミどころが満載で楽しめた」という美香に対し、「ジョーカーのアートが美しい」と独自の感想を語る恭子。恭子は、本編にスーパーヴィランのポイズン・アイビーが登場することも明かし、「でも、私の方がポイズン・アイビーより優しい感じがします」とすかさずアピールする一幕もあった。


さらに恭子は「和と洋がすごく混ざっているけど、和と洋に関してはどれくらいの割合なのか」と水﨑監督ら三人に質問。三人は「西洋人から見た日本というものを、日本人が考えた、というスタンスの作品」と回答する。すると、恭子は「本当にワールドワイドで、日本よりも海外の方が飛びつくような映画」と絶賛。水﨑監督は「日本だけではなく世界を意識しました。これまで多くの作品で海外の人が日本を書くとちょっと違うよな、ということがあったけど、それをもっと勘違いさせるように狙ったんです」と、目論見通りになったことを喜んでいた。

最後に、恭子は「特にアートが好きなので、ほんとに微妙な和テイストと70%の洋風の和洋折衷が今までにないものです。今までにないバットマンを楽しんでいただきたい」、美香は「今までになかったバットマンですが、出てくるキャラクターが大好きなキャラクターばかりなのですごく楽しめます。ストーリーも惹きこまれるし、いろんな人が楽しめる映画なので、皆さんも楽しめるではないでしょうか」と見どころについてコメント。

岡崎氏は「スタッフ全員が楽しみながら作った作品なので、それ以上に見る人に楽しんでみてもらいたい」、中島氏は「アメコミ大好きなのにここまでやってしまって大丈夫なのかと…今皆さんに見てもらったトレーナーは20%くらいのレベルです。残り80%はもっとすごいので見てほしい」、水﨑監督jは「神風動画として、今回が長編初作品になります。一切休まずに作ったので、相当な情報量があって、倒れる人が出るんじゃないかと思うんですが、何度も見てほしい作品になりました」と、本作への自信をみせ、イベントを締めくくった。

なお、『ニンジャバットマン』では、バットマンを山寺宏一が、 ジョーカーを高木渉が、キャットウーマンを加隈亜衣 が、ハーレイ・クインを釘宮理恵がそれぞれ演じることも明らかになっている。

『ニンジャバットマン』(米題:BATMAN NINJA)は2018年劇場公開。米国も同時期リリース予定。

作品情報
ニンジャバットマン 【スタッフ】 監督:水﨑淳平(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP) 脚本:中島かずき(「天元突破グレンラガン」、「キルラキル」、「仮面ライダーフォーゼ」) キャラクターデザイン:岡崎能士(「アフロサムライ」、「サマーウォーズ」アバターデザイン) 音楽:菅野祐悟(「PSYCHO-PASS サイコパス」、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」) アニメーション制作:神風動画(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP 、「ドラゴンクエスト」シリーズOP) 【キャスト】
バットマン:山寺宏一 ジョーカー:高木渉 キャットウーマン:加隈亜衣 ハーレイ・クイン:釘宮理恵 公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/ BATMAN and all related characters and elements (C)& ™ DC Comics. (C) 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス