最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

自民党「書籍750万円分」購入発覚!著者と安倍首相の関係は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)まいじつ

朝日新聞が抗議文書を送った書籍『徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(小川榮太郎著・飛鳥新社刊)を、自民党が大量に購入していたことが分かった。11月24日発売の写真週刊誌『フライデー』によると、17日ごろ自民党所属の国会議員のもとに1冊、自民党の各都道府県連支部に100冊ずつ送られてきたという。

支部に送られてきた書面には《ご一読いただき、『森友・加計問題』が安倍総理と無関係であるという真相の普及、安倍総理への疑惑払拭にご尽力賜りたい》と記載されており、この本を“モリ・カケ問題”の疑惑払拭に使えという暗喩がされていたらしい。

この本を自民党本部は5000部ほど購入したらしく1冊1500円の本なので約750万円使って“爆買い”したことになる。

「この本は朝日新聞から抗議を受けている“いわく付き”の本です。安倍晋三首相と自民党は、改めて朝日新聞を刺激したことになりますが、それ以上に気になるのは著者の小川榮太郎氏と安倍首相との関係です」(政治ライター)

小川氏の出版記念パーティーに安倍首相が


自民党が小川氏の著書を“爆買い”したのは、これが初めてではない。2012年に発売された小川氏の『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)を安倍首相の資金管理団体である晋和会が、東京都内の複数の書店で総額700万円以上購入していたことが政治資金収支報告書で明らかになっている。小川氏はこの本がデビュー作で、これ以降“安倍首相礼賛本”を書き続け、現在に至っている。

「それだけではありません。2015年11月に小川氏が都内で出版パーティーを開催した際、このパーティーには評論家の金美齢氏を筆頭に、安倍首相支持の言論人や文化人が数多く駆付けたのですが、安倍首相も訪れてお祝いの言葉を述べたのです」(同・ライター)

自民党所属の国会議員が政治資金パーティーを開いてもビデオメッセージで済ませることもあるほど多忙な総理大臣が、わざわざ駆け付けるほどの仲ということか。

小川氏は先の書籍が朝日新聞から抗議を受けたことに対し、産経新聞のインタビューで《個人への恫喝だ。常軌を逸している》、《私に対する名誉毀損であり、弁護士と相談し、法的措置を考えるべき件だと思っている》と話し、法的措置を検討しているという。さらに《朝日は抗議や賠償請求ではなく、私の論証が破綻していることを、証拠をもとに精密に反論して捏造ではないことを証明すべきです。できないと思いますが》と強気の態度を崩さない。

「この小川氏の態度は、後ろ盾に現職総理大臣がいるからでは? と邪推をしてしまいますね」(前出・ライター)

少なくとも小川氏が言う「組織の後ろ盾の全くない弱小個人」ではなさそうだ。


外部リンク(まいじつ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス