最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

BiSHアイナ・ジ・エンド オーディションで必死のアピール「〇〇なら見せられます!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』をリリースしたBiSHが、11月29日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭と共に「ここで終わりたくない」と頑張るリスナーの話を聞いていきました。その中から13歳、中2の女子リスナーとのやり取りを紹介します。



【リスナーの書き込み】
私は小学生の頃から女優さんになりたいとずっと思っています。オーディションも受けたけど落ちました。でもまだ中学生なので絶対に諦めたくないです。ここで終わらせたくない夢がある。なので、今私にできること探したいです。その第一歩としてここにまた今日も投稿しました。



とーやま校長:書き込み読ませてもらったんだけど、女優になりたいんだよね?

リスナー:はい!

とーやま校長:これは何がきっかけで生まれた夢なの?

リスナー:父の仕事の都合で上海にいたことがあって、その時の日本人学校でミュージカルクラブに入って、そこから演技とかに興味を持つようになったんです。テレビなどで1歳下の芦田愛菜ちゃんが輝いているから、自分も頑張りたいなと思いました。

とーやま校長:そんな中、壁にぶち当たったこともあるわけだろ? 今はどういうマインドなの?

リスナー:今はまだ絶対に終わらせたくないし、中学2年生だからこれから自分を伸ばしてまたオーディションとか受けたいです!

とーやま校長:アイナ先生、中学校2年生でこれだけ力強い言葉が出てくるって、すごくないですか?

アイナ:すごいですね! ちゃんと地に足つけて夢を目指している感があって。私も全く同じことをずっと経験していて、それこそBiSHのオーディションも落とされかけていたんですよ。マネジャーも音楽プロデューサーも、「別にアイナはいいや」っていう感じだったんですけど、私は食らいついていったんです。オーディションで「最後に言い残したことありませんか?」って言われた時に、周りの子たちのアピールがすごかったんです。それに負けたくないと思って「乳首なら見せられます!」って言ったんです(笑)。



とーやま校長・あしざわ教頭:(笑)。

アイナ:あとはダンスでアピールしたり。とにかく食らいつくことが大事だなって思います。オーディションに受かりたいんだったら食らいつくしかないですね!

とーやま校長:話を聞いていて思わず笑っちゃったんだけど、それって「裸になってでも、自分はここを突き抜けたい!」っていう想いから出た発言ですよね。

アイナ:そうですね。どうしてもBiSHに入りたかったんですよ! きっと、(リスナーも)本当に女優になりたいだろうから、色んなことをもっと勉強して自分を磨いてアピールしまくれば、絶対にどこかに引っかかると思います!

とーやま校長:めちゃくちゃ強い言葉をもらえたね!

リスナー:はい!

アイナ:でも、乳首は見せなくていいですからね(笑)。

とーやま校長:それくらいの意気込みってことですよね(笑)。いつか、お前のことを女優として見られる日を楽しみに待っているからな!

リスナー:はい。ありがとうございます!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2017年12月7日AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:
月~木曜 22:00~23:55
金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス