最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

きっかけは東日本大震災。90年代パンクブームが’10年代に復活した理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


知らない人はまったく知らない話だろう。彼らはほとんどテレビやラジオに出なかったし、巨大ホールでのライブはあえて避けていた。しかし、それでも日本中の若者たちが熱狂し、全国のCDショップではインディーズコーナーの作品が貪るように漁られていた。いつしかライブハウスに集う若者たちが“キッズ”と呼ばれ始めた’90年代。大きなうねりは’90年代末に入ると数万人の勢いとなり、「AIR JAM」というフェスを生み出すまでになる。それは控えめに言っても、時代が生み出した奇跡だった。

◆東日本大震災を契機に多くのバンドが再結成。爆音は今も鳴り続ける

’00年代後半になり、パンクブームは終わった。だが’10年代に入ると、ファンはおろか、当事者たちも想像していなかった新しい動きが起きる。きっかけは東日本大震災だ。3.11直後から、ハイスタのメンバーは再び水面下で顔を合わせ、こんな状況だから再びハイスタを、「AIR JAM」をやるべきではないかと話し合っていた。ただしそれは’12年の計画。しっかり準備期間を設けて、被災地で開催しようという話だった。

そこに割って入ったのがブラフマンのTOSHI-LOWだ。震災直後から地元の茨城へ、そして東北へと直接物資を運んでいた彼は、「時間がない。今すぐ、今年の夏に『AIR JAM』をやってくれ」とメンバーに直談判。奇跡の再結成を一気呵成に進めていく。「AIR JAMって祭りがあって、中心はもちろんハイスタで俺たちは“その他”扱い。それが悔しかった自分もいたけど。でも当時はそんなこと言ってられなかった。実際にハイスタ見て、ずっと彼らにいてほしかったんだなぁって改めて思ったよ」と本人が語る。

9月に横浜スタジアムで行われた「AIR JAM2011」で、ハイスタの横山健は「俺たち、日本のために集まったんだ」と語りかけていた。20年前に新しい刺激を求めて始まったユースカルチャーは、大袈裟ではなく東北を照らす希望になっていた。バンドマン自身が家庭を持ったりしながら、それぞれ責任ある大人になっていたことも大きい。多様性をのみ込みながら連帯しようという当時のエネルギーは、復興支援という形になって再び活気づいていく。

象徴的なのは「東北ライブハウス大作戦」だ。これは、ハイスタやブラフマンなどの専属サウンド・エンジニア・チームから発案された、石巻、大船渡、宮古にライブハウスをつくるという計画。全国のバンドが気軽にツアーで立ち寄れる場所をつくり、地元の活気を取り戻そうとした。各バンドの呼びかけで全国から募金が集まり、翌年には3軒のライブハウスが無事完成。宮古では市長の山本正徳氏もオープンに駆けつけていた。見た目の怖そうなパンクスがボランティアを先導し、行政や市民から歓迎されること。これは震災が生んだハプニングだったが、好きなものは何でも自分たちの手で作るという、’90年代パンクシーン特有のDIY精神でもあった。

’12年の9月には当初の計画通り東北での「AIR JAM」が開催された。ハスキング・ビーやKEMURI(’95年結成のスカパンクバンド。’07年に解散)など活動をやめていたバンドもここで復活し、会場にはかつては見られなかった家族連れのファンも多数。ハイスタが当時と変わらぬ音を鳴らすなか、再び笑顔のサークルモッシュが巻き起こっていた。

ブラフマンが結成20周年を迎えた’15年、幕張メッセでの記念イベント「尽未来祭」では、スキャフル・キングやバック・ドロップ・ボムなどの仲間たちが集まり、スーパー・ステューピッドも一夜限りの復活を遂げるなど’90年代パンクの同窓会のような様相を呈していた。かと思えばイベントの2日目は、SiM、マン・ウィズ・ア・ミッションなど’10年代以降に台頭したバンドたちが集合。世代を超えた連帯は脈々と続いている。

そして、今最も若者に人気のあるパンクバンドといえば、ピザ・オブ・デスから登場したWANIMAだろう。ファースト・アルバムの中で彼らはこう歌っている。

「今は立派な君のパパも一度は聴いてたんだハイ・スタンダード」

そのハイスタは昨年にシングルを、そして10月4日には17年ぶりのオリジナルアルバム『ザ・ギフト』をリリース。初週売り上げが12.2万枚という、現代のロックバンドとしては出色のセールスを記録している。復活はありえないと思われた3人が動きだし、それを見て当時の思いを取り戻す、かつてキッズと呼ばれた中年層たち。親子二世代を巻き込んで、’90年代パンクの夢は続いていく。

<知らない人はまずここから!! ’10年代アルバム3選>

●ブラフマン 『超克』

’90年代後半から第一線を走り続けている4人組の目下最新アルバム。震災後の怒りも悲しみものみ込んだ音の説得力が違う

●WANIMA 『Are You Coming?』

’14年にデビューし、一瞬でシーンのトップに上り詰めた恐るべき3人組。’90年代から続くパンクの魅力を最新型に進化させた

●ハイ・スタンダード 『The Gift』

18年ぶりのオリジナル・フルアルバム。ハイスタらしい明るさや勢いはそのままだが、大人になった今だから歌える曲も多数

【東北ライブハウス大作戦】

震災後、PAチーム「SPC peak performance」代表の西片明人氏が中心になり行われた被災地にライブハウスを作る活動。多くのミュージシャンも参画した。写真は石巻ブルーレジスタンスでのブラフマンのライブ

取材・文/石井恵梨子 秋山純一郎(本誌)

― あの[’90年代パンクブーム]に舞え! ―


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス