最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

なぜその言葉!? ドライバーが覚えた日本語が面白い【TOYOTA GAZOO Racing WRC 2017年シーズン報告会】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月23日にトヨタ自動車東京本社で行われた「TOYOTA GAZOO Racing WRC 2017年シーズン報告会」へ行ってきました!

TOYOTA GAZOO Racingは2017年よりWRC(世界ラリー選手権)に18年振りに復帰。チーム代表にWRC4年連続チャンピオンのトミ・マキネン、ドライバーにベテランのヤリ-マティ・ラトバラ迎え、シーズン前から注目を集めていました。

11月19日でシーズンを終えマニュファクチャラーズランキングは3位でしたが、第2戦ラリー・スウェーデン、第9戦ラリー・フィンランドで優勝と素晴らしい結果を残してくれました。

オープニングステージに登場したトヨタ自動車GAZOO Racingカンパニー プレジデント友山茂樹氏は今シーズンを振り返るとともに、来シーズンの目標、そしてGAZOO Racingについて語りました。

「今年は我々にとって学びの年であり、1mでも多く走ってクルマ、チームを鍛える1年にすることが目標でした。開幕戦のモンテカルロで2位、第2戦のスウェーデンで優勝と、正直出来過ぎたスタートだなと思っていました。しかし第3戦以降は苦しい戦いが続き、改めてWRCの厳しさを学びましたが、ひとつひとつ経験を重ねて第9戦フィンランドでは優勝と3位表彰台を飾ることができました。フィンランドでは私もマニュファクチャラーズ代表として表彰台に上りましたが、「君が代」が流れた時『やっとWRCの一員として認められた』と感激のあまり涙しました」

さらに続けます。

「社長の豊田はGAZOO Racingの“GAZOO”は単なる一つのブランドではなく、もっと良いクルマを作りたい、もっと多くの笑顔を届けたいという想いを込め『大企業トヨタでは出来ないことを、この小さなカンパニーだからこそ出来る』という戦いの狼煙を上げました。WRC参戦から生まれる人材、ノウハウは必ずやその原動力となると私は確信しております。ラリーを愛し、クルマを愛し、そしてトヨタの挑戦を応援して下さる方々が世界中にいることを本当にありがたく、そして心強く思っています。そういう皆様の期待に沿うべく、来年は更なる飛躍を目指し頑張りたいと思います。今後もTOYOTA GAZOO Racingへの挑戦を応援くださいますよう、よろしくお願いします」


そしてこの報告会に出席するために、最終戦ラリー・オーストラリアを終えたばかりのチーム代表のマキネン、ドライバーのラトバラ、エサペッカ・ラッピ、コ・ドライバーのミーカ・アンティラ、ヤンネ・フェルムが来日! スペシャルトークセッションが行われました。

まずはマキネン代表が今シーズンについて振り返りました。

「今シーズンはタフな1年だったと思います。全てが初めて尽くしでしたし、シーズンスタート前にも掲げた通り『学びの年』でした。ただ、シーズンを通してたくさんのテスト、分析も行う事ができ、情報収集を確実に積みました。スウェーデン、フィンランドと良い結果を出しましたし、全体的にとても良かったと思います。今日ここにいるドライバーもコ・ドライバーも皆笑顔なので、結果オーライなのではないでしょうか」


報告会前日、名古屋にある「トヨタ産業技術記念館」に行ったというWRCチーム。ラトバラは鋳造技術に興味深々だったそうで「キャスティングってどうやってやるんだ?」と質問攻めだったのだとか。

そんなラトバラは、第2戦ラリー・スウェーデンでトヨタに初優勝をもたらしました。その勝因を以下のように語っています。

「スウェーデンに向けて6日間、スノーコンディションでフィンランドでテストができ、充分に準備が出来ていたというのが大きいと思いますね。マシンに対しても自信がありました。私が得意とする高速ステージだったということもあり、非常に良い結果が出せたのだと思います」

そして最後のパワーステージ前に、マキネン代表からアドバイスがあったと言います。

「あのパワーステージは非常にエキサイティングでした。実はパワーステージが始まる時に『アプローチはどうしよう』とナーバスになっていたんですけれども、トミ(マキネン)から『全力で行け、お前ならできる!いつも通りやればいい』と後押ししていただけたので、それも良かったのかなと思いますね。終わった時の気分は最高でした!」


サードドライバーとしてチームと共に世界中を帯同していたラッピは、第6戦ラリー・ポルトガルでデビュー。そのわずか4戦後の第10戦ラリー・フィンランドでキャリア初優勝を果たしました。

「あの時は、特別な瞬間でした。『WRCカーに乗って勝つ』という私の夢がこんなに早く実現したというのは、非常に嬉しかったです」

「初優勝がみえてきて、不安はなかったか」という司会者からの質問に対し、

「正直に言いますと、日曜日最終ステージでちょっとしたミスをしてしまい、リアを壊してしまったんです。それもあって、自分としては初めてナーバスになりました。でも非常にエキサイティングなイベントだったと思います」

と当時の心境を明かしてくれました。来シーズンは、初戦からフル参戦! 今後の活躍が楽しみなドライバーです。

ラリードライバーに欠かせないのが、助手席に座ってドライバーに必要な情報を伝えながらコースをナビゲートするコ・ドライバーの存在。ラリーは高速で様々な環境のコースを走行するので、絶対的な信頼関係がないと成り立ちません。なので、長年同じペアを組むことが多いんです。

ラトバラがWRCデビューをしてからずっと一緒に戦ってきたコ・ドライバーのアンティラは、今年一番大変だったことを以下のように語りました。

「最初は『学びの年』という位置づけからスタートしたんですけれども、それもあって1戦目、2戦目と良い結果を出せたのは正に予想外でした。ただ、メキシコはトヨタにとって初めてのコンディションだったので、テストが少し足りなかったですね。高地ということで様々な問題がありましたが、それを元にチームが迅速に動いてくれ、次の似たようなコンディションでは直っていました。これがこのチームの強みだと思います」


ラッピのコ・ドライバー、フェルムはチームについて面白いエピソードを話してくれました。

「チームが一丸となって目標に向かっているのが強いですね。そして一緒に日々働いている、例えばエンジニアですとか実はシェフも凄く一流の人がいるんですよ。そういった人と一緒にやっていけるというのが嬉しいです。こういったことが2018年も続くと期待しています」

ちなみに、チーム専属シェフ一押しの料理は、豚の角煮だそうですよ。食べてみたーい!

そしてトークショーの途中で、来シーズンからTOYOTA GAZOO Racing WRTに加わるオット・タナクとマルティン・ヤルベオヤがサプライズゲストで登場しました!

タナクといえば、「タイタナック事件」を思い出さずにはいられません!!

2015年ラリー・メキシコのSS3アタック中にコースアウトし、車ごと湖に転落したタナクは水没する車内から間一髪で脱出。その後引き上げられたマシンをチームが脅威のスピードで修復し、見事レースに復帰し最後まで走り切ったのです! そしてフィニッシュポディウムにシュノーケルを着けて登場し、世界中のファンの心をわしづかみにしました。

そんなタナクに、豊田章男社長からTOYOTA GAZOO Racingのロゴ入りシュノーケルがプレゼントされました。

「また湖に落ちた時ように……」ではなく、「来シーズンはラリーイタリア・サルディーニャで勝ち、これをつけて海に飛び込もう!」という熱い想いが込められていました(サルディーニャで優勝したら、ドライバーやチームスタッフが海に飛び込むのが恒例行事なのです)。

2017年シーズン、WRC4連覇中のセバスチャン・オジェと共にMスポーツで戦いドライバーズランキング3位を獲得したタナクはトヨタ参戦について

「我々にとって、新しいチームに参加できることは非常に嬉しく思います。実はこの契約に関してはトミ(マキネン)と長いこと話をしていました。トヨタは非常に強いチームですし、ここに入ることによって私のチャンピオンシップも狙えるのではないかと期待しています。勝ちにいきたいですね」

と語りました。

柔道を20年ほどやっているというコ・ドライバーのマルティン・ヤルヴェオヤも、トヨタ加入の意気込みをみせました。

「このトヨタファミリーに入れたことは、非常に嬉しく光栄です。来シーズンが楽しみです。どうぞよろしくお願いします!」


通常このような報告会はプレス向けとなっているのですが、今回は30名のファンを招待するという粋な計らいがありました(応募総数1000件以上だったそうです)。

ファンからの質問コーナーでは「市販車とWRCカーの違いは何ですか?」と尋ねられ、ラトバラは笑顔で答えていました。

「まずパフォーマンスが違いますね。WRCカーはホットコンディションやジャンプ、ロッキーな場所、アイスといった所に全部対応しなければいけないわけです。そしてサスペンション、エンジンマウント、ギアボックス、シャシーなど、全て様々な要素の最適化と車体の剛性を上げて安定したパフォーマンスができるようにしています。でも、安全のため市販車ではやらないで下さいね(笑)」


またファンから応援メッセージ入りのダルマが贈呈されたのですが、これには全員大喜び! 日本のファンの想いが届いた瞬間です。

現在、残念ながらWRCは日本で開催されていません。招待された幸運なファンの方は、普段中々会うことができない憧れのドライバーを目の前で見ることができ最高の思い出になったのではないでしょうか。このような機会が、これからたくさん増えていってほしいですよね。

今シーズン、トヨタと一緒に戦ってきたドライバー達。日本のイメージで変わったことはあったのでしょうか。思いきって聞いてみましたよ!

「日本には4回ラリー・ジャパンで来ていますので、日本の文化には慣れていたと思います。80~90年代にトヨタがWRCで活躍していたのを知っていますから、それが18年振りにトミ(マキネン)が率いることになり、そこに私が参加できることは光栄でした。後、こういったプレスカンファレンスをやっていても全てが理路整然としているのが、日本らしいなと思いました。私は軍隊に所属していたことがあるので、とても好ましく思います」(ヤリ-マティ・ラトバラ)



「日本に来たのは、4年前アジア・パシフィックラリーで来て以来2回目となります。今回、新幹線に乗って日本の風景を見る事ができました。後、人がこれだけ多いのにも関わらず非常に安全ですよね。礼儀正しい所も良いと思いました。日本ってこういう文化なんだという全体的な理解が深まりましたね。日本のスタッフも良い人が多いし、全部プラスの印象です」(エサペッカ・ラッピ)


また覚えた日本語はあるか聞いてみたところ、ラトバラは「簡単なものだけど……『おはよう』『ありがとう』『はい』『お元気ですか?』を覚えました。まだまだ勉強中です」とさらりと答えてくれたのに対し、しばし考えるラッピ。

すると突然「思い出した、『生きがい』だ!」と答え、予想外の日本語に一同大爆笑でした。一体どこで覚えたの(笑)!? さすがのラトバラも初めて耳にした言葉だったらしく、「それ、どういう意味?」と聞いていましたよ。

そして最後にマキネン代表から来シーズンの目標、ファンへのメッセージが送られました。

「2018年初戦のモンテカルロに向けて準備をしていますけれども、今シーズンを通して集めたデータはかなりきっちり揃っていますし、ぜひ活かしたいですね。来年目指したいのは『コンスタントに結果を出す』ということです。チーム一丸となって彼らが全開で攻められるようにサポートをしていきたいです。そして彼らは非常に努力家でもありますので、彼らがチームのお手本にもなっているのではないかと思います。また、こんなに多くのサポートがあり嬉しく思います。来年は皆さんの期待に応えられるように、努力したいと思います」


WRC 2018年シーズンは1月25日、伝統のラリー・モンテカルロからスタートします。「学びの年」からパワーアップしたトヨタがどのようなパフォーマンスを見せてくれるか、本当に楽しみです。そして、来シーズンはチャンピオンを獲ってくれると信じています!

(yuri)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス