最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

保育園時代は働き、小学校入学で退職…なぜ?ママたちの深いワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもが小さい頃は出来るだけそばにいたい!成長したら働きに出たい!そう思っているママは多いですね。

しかし、保育園時代は働き、小学校入学と同時に退職をして専業主婦になるママがいるのも事実。

多くのママ達が考えることとは逆の行動をしているとも思える行動に疑問を持つ人もいるでしょうが、なぜ小学校入学と同時に専業主婦の道を選ぶのか。

その理由はまちまちですが、「なるほど~」とママなら共感できる理由がたくさんあります。

今回は、小学校入学と同時に、正社員勤務から専業主婦になったママ達に、もったいないと惜しまれながらも、これまでのキャリアを捨て退職した理由について聞いてみました。

女性活躍社会をうたう日本社会とは逆の行動に走るママ達の本音に迫ります。

■保育園時代と小学校生活は全然違う

保育園にもよりますが、保育園は朝の7時半くらいから、20時や21時くらいまで預けることができるため、ママは安心して仕事ができます。

急な残業になった場合も、延長保育を利用すれば、よほどのことがない限り対応はしてくれるはずです。

それが小学校にあがると学童保育に変わり、預かり時間はせいぜい18時までといったところが限界でしょうか。

預かり時間だけ見ても保育園と学童保育には大きな違いがありますが、預かり時間は単なる大人目線の問題であり、子ども目線ではありません。

子ども目線で考えれば学童保育は限られたスペースで限られた友達としか遊ぶことが出来ず、成長と共に飽きが生じ、行きたくないと訴える子どももいます。

それに比べ学童へ行っていない子は放課後に好きな公園へ行って好きな友達と遊ぶことができるため、学童の子どもには羨ましく感じることもあるでしょう。

気の合う仲間が学童にいればまだ良いのでしょうが、そうとは限りませんから、子ども目線で考えた場合、放課後は自由に過ごせるに越したことはないですね。

■保育園時代は働き、小学校入学で退職!子どものためにキャリアを捨てたママの本音

放課後、子どもが公園に行くにしても、友達の家に行くにしても、自宅に友達を呼ぶにしても、低学年であればある程度のサポートが必要です。

遊び場への送迎やおやつの準備、トラブルがあった場合の対応など何かしら大人の目が必要になります。

保育園時代は働き、小学校入学で退職を選択するママ達は、このようなサポートをしてあげたいという思いだけでこれまでのキャリアを簡単に捨ててしまうのでしょうか。

もっと深いワケがそこにはありました。

■小学校へ入学すると時短が切れる

ほとんどの会社では時短制度というものがありますが、この制度も子どもが小学校入学までとしている会社がほとんどです。

フルタイム勤務になってしまうと学童の閉館時間にお迎えが間に合わないため、やむを得ず自宅まで1人で帰り、1人でお留守番をさせなければなりません。

まだ幼い1年生にそこまでさせるのはママとしても心配であり、子どもに何かあってからでは取り返しがつかなくなります。仕事はいくらでも替わりがありますが、子どもに替えはありません。

そういった想いから、ママ達は退職に踏み切るようです。

■子どもに安心感を与えたい

子どもが学校から帰ってきた時に「おかえり」と言ってあげたい気持ちはどの親も一緒です。

「おかえり」の言葉は子どもに安心感を与えます。学校で嫌なことがありモヤモヤした気持ちで帰ってきたり、嬉しいことがありウキウキした気持ちで帰ってきても、ママが自宅にいればその気持ちをすぐに伝えることができます。

また、ママの方からも、いつもとは違う子どもの様子にもすぐに気づけ対応できますから、ママが自宅にいるメリットは大いにあるようです。

フルタイムで働いていたら、ママが帰ってきた頃には子どもの気持ちや様子も変わってしまい、気づかないまま終わってしまいますよね。

低学年のうちは子どもに安心感を与えてあげることが今後の子どもの成長においては重要だと思うから退職をしましたとママは言います。

■自分がカギっ子で寂しい思いをしたから

自分の母親がフルタイムで働き、いつも鍵を持たされ1人で母が帰宅するまでお留守番をしていたというママ。

自分が幼い頃に寂しい想いをしたママは、同じ想いを子どもにはさせたくないという気持ちが強いようです。

母が土日休みだったため、土曜日授業の後帰宅した時は、母が「おかえり」と言ってくれ、凄く嬉しかったという経験をしたママは、それを毎日子どもにしてあげたいと言います。

また、自分が働かなければ生活が成り立たないのならまだしも、そうではないのなら子どもに寂しい想いまでさせて働く理由が見つからないというママもいました。



このように、もったいないと惜しまれながらも正社員というポジションを捨て退職し、子どものために専業主婦になるママ達の本音は、「子どもに安心感を与えたい」という共通する想いがありました。

1年生から3年生くらいの低学年、特に1年生は環境の変化から、さまざまな問題が発生し、精神的にも安定しない時期です。

この時期に親がしっかりとサポートし、子どもにママが傍にいる安心感を与えてあげることができれば、子どもの不安を取り除いてあげることができます。

ママ達の声を聞いて感じたことは、「時短」が本当に必要なのは保育園時代よりも小学校低学年ではないかということ。

ママ達がこれまでのキャリアを捨てずに、なおかつ子どもが小さいうちはしっかりとサポートできる雇用体制が整うことを祈るばかりです。

これからも子どもを支え、頑張り続けるママ達を応援しております。


外部リンク(ウレぴあ総研)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス